FAKEOUT magazine

保育園は何歳何ヶ月から入れる?0歳入園のメリットやデメリットは?

保育園は何歳何ヶ月から入れる?0歳入園のメリットやデメリットは?

最近は夫婦共働きが珍しくない時代になりました。ニュースなどで保育園問題を耳にすることも増え、子供を授かる前から保活を考える家庭も多いのではないでしょうか?保育園とひとことでいっても、預けられる月齢やルールも様々。今回は、保育園に何歳何ヶ月で入れるのが良いのか、0歳から入れるメリット・デメリットなどについてご紹介します。

保育園とは?

e32f8a6adcf5e2683dce499ce43685b3_1459520699-480x324
保育園とは、保護者となる親が働いていたり病気であったりすることが理由で、自宅で十分に保育できない場合に、親にかわって就学前の子供を保育する児童福祉施設です。主に国が定めた基準をクリアし、都道府県に認可された「認可保育園」と、市区町村の自治体や企業が運営する「認可外保育園」があり、就労条件や家庭環境によって利用できる条件、申請方法などが変わってきます。

保育園には何歳何ヶ月から入れるの?

00e52d84cce7e0cbf1973b3b15ce5ef5_1460476467-480x320

保育園は、認可・認可外に関わらず、0歳児から受け入れている保育園が多数あります。しかし、0歳児保育の場合は、出産後8週を過ぎなければママが就労することができません。そのため、早くて生後2ヶ月、平均的には生後4~6ヶ月からといわれています。保育園の中では1歳以上からという園もあります。

保育園によって受け入れ可能な時期に違いがある理由は様々ですが、乳児は一人でできないことが多く、幼児より人手が必要となります。保育園の先生の人数配置によって受け入れかできないことも理由の一つです。生後4ヶ月、6ヶ月と定めている保育園の多くは、首が据わっている、発育が安定しているなどの条件を満たすことで、安全に保育ができるようになってから受け入れるという方針もあるようです。

入れたい保育園が決まっている場合は、まずは子供を預けたい時期と受け入れ可能な時期が合っているか、直接電話やホームページなどで確認してみましょう。

子供のことを考えると何歳から保育園に入れるのがベストか悩みますよね。「3歳までは身体的・精神的な成長がとても大切」「3歳までは惜しみない愛情を注いであげる必要がある」など、いわゆる「3歳児神話」という問題が昔から取り上げられ、保育園に入れなければならない親は判断に迷うこともありますよね。

だからといって、実際に働くママは「3歳まで保育園に入れないわけにはいかない」という人も多いはず。小さな頃から保育園に通っていても、親の愛情をたっぷり受けてすくすくと成長してきた子もたくさんいます。保育園に預けた年齢によって成長に差が出たという医学的事実はありません。保育園に通わせようが、通わせまいが、愛情をたっぷり注ぐことがなによりも大事なことです。

保育園に0歳で入れるメリットとデメリットは?

shutterstock_218464825-480x310

それでは、0歳児から保育園に預けるのはどうなのでしょうか。小さな赤ちゃんを預けることに、はじめはためらいを感じることもあると思いますが、思っている以上にメリットはたくさんあるようです。もちろんデメリットもありますので、0歳児から預ける場合は家庭でよく話し合っておく必要があります。

●メリット
・入園倍率が比較的低く保育園に入りやすい
・早い時期から子供にたくさんの経験や刺激を与えることができる
・子供の1日の生活リズムが整いやすい
・仕事の体制を整いやすい
・家計に余裕がでる
・子供と過ごす時間がより貴重に感じられる

●デメリット
・完全母乳で預けるのが難しい
・親や親戚から反対されることもある
・保育園で風邪やウィルスをもらいやすく体調を崩すことが多い

保育園に入れる前に家庭で育児方針を話し合いましょう

shutterstock_64718887-480x320

仕事や家庭環境が理由とはいえ、小さな赤ちゃんを保育園に預けるという決断は、はじめて親になるママとパパにとって決心がいることかもしれませんね。子供の体調不良で仕事を中断しなければならないことも少なくないので、預ける前に家庭でよく育児方針について話し合いましょう。親の働き方やライフスタイルに合わせて、子供を預ける時期を決め、家族が一番幸せになる形を模索してくださいね。





































カテゴリー