FAKEOUT magazine

夜泣きしない赤ちゃんの特徴ってあるの?

time 2016/05/12

夜泣きしない赤ちゃんの特徴ってあるの?

最近、息子がまた夜泣きするようになったんです。。。
終わったと思ったのに。。。
育児をしているママやパパにとって、夜泣きは試練のひとつともいえますよね。しかし、夜泣きは赤ちゃんが絶対にするものではありません。夜泣きに悩んでいるママやパパは、夜泣きをしない赤ちゃんをうらやましく感じることがあるかもしれませんが、夜泣きをしない赤ちゃんのママやパパは、夜泣きをしないことを不安に思っていることもあります。
今回は、夜泣きをしない赤ちゃんの特徴など、夜泣きについて調べてみました。

夜泣きとは?赤ちゃんは絶対に夜泣きをするの?

5145cf6fadf22282191980ce5d8ab90d_1449746137-480x329

夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に突然泣き出し、いくらあやしても泣き止まない状態のことをいいます。主に生後3~6ヶ月頃からはじまり1.5~2歳頃に終わることが多いようです。夜泣きには個人差があり、夜泣きをする赤ちゃんもいれば、しない赤ちゃんも存在します。

夜泣きをする場合でも、毎日決まった時間に泣くとは限らず、泣いている時間も理由も赤ちゃんによって様々です。日中に受けた刺激やストレスが夜泣きに繋がったり、昼寝の時間がずれてしまったりすることで夜中に目が覚めてしまうことが原因ともいわれています。

夜泣きをしないことも、決して珍しいことではありません。授乳やミルクのタイミングとかぶってママが夜泣きと思わないことや、すぐに泣き止むので「これは夜泣き?」と、あまりはっきりと認識されないこともあります。

夜泣きしない赤ちゃんの特徴は?

夜泣きをしない赤ちゃんの特徴や理由は、夜泣きの原因が解明されていないのと同様に、はっきりとは分かっていません。しかし、様々な推測はされています。推測されているなかでも、特に多い特徴を以下にまとめました。

男の子の赤ちゃんの方が夜泣きをしない説

女の子は発達が早く、男の子よりも夢を見る時期が早いといわれています。夢が刺激となって夜泣きの原因になることもあるようです。また、ママたちの間でも男の子が夜泣きをしないという体験が圧倒的に多いといわれていますが、実際に医学的な根拠はありません。

ベビーベッドより布団で寝る方が夜泣きをしない説

baby-376531_1280-480x384

布団で寝ている赤ちゃんの方が夜泣きしないケースが多いようです。夜泣きが激しくなる前に、添い寝や添い乳をするなど、ママがすぐに対応できるのが理由といわれています。ベビーベッドで寝かしつけた場合、夜中に赤ちゃんが起きたときに、すぐ横にママが居ないことが不安になって夜泣きに繋がるという説もあるようです。

性格がおおらかな子はあまり夜泣きをしない説

赤ちゃんもすでに性格があります。繊細な感覚を持っている子は日中の刺激が夜泣きに繋がりやすく、おおらかな子は多少のことでは刺激にはならないようで、夜泣きが少ないということも。しかし、これもあくまで推測の域を出ません。

上記の他にも、「母乳は腹持ちが良くお腹が空きにくいのでぐっすり寝てくれる」という推測もありますが、実際には母乳やミルクも夜泣きの有無に直接的な作用はないようです。

赤ちゃんはどうしたら夜泣きをしないの?

赤ちゃんが夜泣きをすることで悩んでいる場合は、まず睡眠サイクルや生活リズムを整えることから始めてみましょう。朝は太陽の光が当たる場所で赤ちゃんを目覚めさせ、昼寝の時間帯も毎日少しずつ調整する、運動ができる年齢であれば体をしっかり動かして、夜のお風呂や寝る時間も少しずつ体に慣らしていくと、夜泣きが減っていく場合もあります。ただしこれといった対処法は解明されていません。

「夜泣き」は日本独特のものともいわれています。海外では「赤ちゃんは夜だって泣くのは当たり前」と認識していることもが多く、普段泣いていることの延長と捉えていることが多いようです。夜泣きの対策も様々で、気が済むまで泣かせることで自分から寝ることを覚えるという方法もあるようですが、国や人によって賛否両論あります。

赤ちゃんの夜泣きは個性のひとつ

shutterstock_304537199-480x346

赤ちゃんの夜泣きは、始まる時期も終わる時期も、する子もしない子も、個人差が大きくあるものです。どちらが良いということではなく、個性のひとつ。他の赤ちゃんと比べるなどして、過度に悩みすぎる必要はなさそうです。しかし赤ちゃんが夜泣きをする場合も、しない場合も、普段と違うようであれば、体の不調を訴えている場合もあります。普段から赤ちゃんの様子としっかりと向き合ってあげてくださいね。





































カテゴリー