FAKEOUT magazine

カメラのフラッシュで猫が失明?撮影に注意を呼びかけるツイートが話題。。

カメラのフラッシュで猫が失明?撮影に注意を呼びかけるツイートが話題。。

これから夏休みなどで旅行に出かける方も多いと思います。

そこで思い出に写真を撮ることもあると思いますが、その際に知っていて欲しいことが。。

ヤク物(@nezikure)という方のツイッターで、動物をフラッシュ撮影してほしくないと注意勧告のツイートから始まりました。

物凄く気分悪いし、今スゲェ激怒してるので 文章がちゃんとしてるかわかんないですけれど 割と日本中どこでも発生しうる事件なので 本当に気をつけて欲しい 先に結論を言っとくんですけれど 『猫の写真撮る時にフラッシュ使うな』

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月18日

 

どうも島の外から旅行に来た人間が、ウチの近所で写真を撮ってたらしいんですけれど 馬鹿みたいにデカい機材で、無許可に敷地内に入って 無遠慮にバシャバシャフラッシュ焚いてたらしくて 近所の爺さんが注意したら、物凄い乱暴に悪態をつかれて 撮影が趣味だの、別にいいだろだの喚いた模様

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月18日

 

猫は『顔に何か張り付いているのを取りたい』ように 頭を何かに擦り付けたり、脚で必死に 『額を拭う様な動き』を繰り返しているそうですの 回復の見込みが全く無いというわけではないらしいですけれど それでもほぼほぼ元通りにはならないとのこと

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月18日

 

取り敢えず、この先あの子はウチの預かりになって 様子を見ながら生活させる事になるでしょうけれど 『目の見えない猫』がどうなるのかを考えると、気が重い。 人間の盲目とは違うでしょうけれど、だからこそ社会保障や補助なんて望めない ソレに関して最善を尽くしても『最善かどうか』もわからん — ヤク物 (@nezikure)2016年7月18日

 

まず『フラッシュ自体が眼にダメージを与える事は原理的に考えられる』という事 ただやはり『それだけが原因かどうかはわからない、あり得るが絶対にとは言い切れない』という事でしたわ。

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月19日

 

次に『フラッシュは引き金になっただけでは無いか』という 他の医院でも指摘された内容。 これをより詳しく 『もともと高血圧等の症状を持っていて、カメラのフラッシュによって興奮した結果、急性の網膜剥離を起こす事は考えられる』との事でした。 あくまで実際に診療にかかった訳ではないですが

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月19日

 

ただだからといって実際に 『動物の視神経や眼に対してフラッシュが安全で無害』という事は無く 苦痛や恐怖、強いストレスの原因になるという解答を頂きました。 コレはご相談させて頂いた医院で共通しています。

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月19日

 

お願いだから、動物に対して 『フラッシュを炊くの』はやめてくださいまし。 最初『猫に』と言いましたけれど、猫以外の生き物にもお控えになった方が良いですわ。 というか焚くな、本当に あの子はもう目が見えないですわよ、コレばかりはもうどうしようもない。

— ヤク物 (@nezikure)2016年7月18日

 

いたたまれない話ですね。。

特に気にしていないと、うっかり行ってしまいそうな行動ですが、気を付けていきたいですね。

 

 

 





































カテゴリー