FAKEOUT magazine

夏の対敵!! 家にあるものでできるゴ○ブリ退治方法を紹介!!

夏の対敵!! 家にあるものでできるゴ○ブリ退治方法を紹介!!

夏の対敵!!
家にあるものでできるゴ○ブリ退治方法を紹介!!

http://tutui-takehiko-works.com/wp/

退治方法① 熱湯。

103740-300x262
http://xn--p9jbr9b1a6d5316g.com/

熱湯でGを退治する最大の長所はその即効性。
(以下ゴ○ブリをGと記します)

熱湯をかけるとどの殺虫剤よりも早く確実に即死します。
なぜかというとGは変温性の為、体温を調整できない。

短所は少量の熱湯ではGは死なないため、真上から十分な量の熱湯をかけないと殺せないことと、
ポットなどがないとすぐに用意することが難しい。

しかし、市販の殺虫剤や洗剤と比較すると後片付けの容易さや、場所を選ばずに使える熱湯は非常に優れた退治方法。

熱湯利用時は気配を察知されないことが重要です。

退治方法② 洗剤

gatag-00013018
http://01.gatag.net/

洗剤は殺虫剤のような使いかたを望む人にとって最も似ている退治法。

洗剤を使った場合の死因は気門(昆虫が空気を吸う穴)が塞がれることによる窒息死の為、 死ぬまでに長い時間
がかかります。
短所は死ぬまでに非常に長い時間がかかるため逃げられる可能性があることや、 洗剤の為、
絨毯やカーペットなどシミが残る場所では使うことをためらってしまう。

しかし、お湯のように真上からかける必要がないため、ある程度Gと距離を保てることや、
殺虫剤のように霧状でないため洗剤の方がその影響範囲をせばめることができるのも特徴。

退治方法③ ドライヤー

0-19
http://01.gatag.net/

ドライヤーの熱を当てるとGは死にます。
G退治の原理としては熱湯と同じ。

洗剤や熱湯と異なり、ドライヤーの熱を当てている限り熱と風によりこちらに向かってくることもなく安心。
また、風を利用している為Gとある程度距離をとれることから女性にも向いている方法です。

短所は電源コードの限られた長さが大きな問題となります。
またドライヤーは熱湯ほどの熱さがない為、死んでいるかどうかの確認が非常に重要。

退治方法④ 本、スリッパ、濡れタオル

book2-ill3
http://e-poket.com/illust/

道具としては確実に用意ができ、最も確実に殺すことができる方法ですが、Gに対して最も接近する為、
Gそのものに苦手意識が高い人には難しいのが短所。

この方法はGを圧迫死させるため、床と平行に落とす、または投げる必要があり、
材質が柔らかく面積が広い重量のあるモノが向いています。

死亡すればひとまず安心ですが、短所は物が汚れてしまうこと、本をめくる時の恐怖、
その後の死骸処理かもしれません。。

濡れタオルは本ほどはぶつけるときの正確性を要しません。
しかし重量が軽いため、それに補う振る力が必要。

自信がない場合はバスタオルなど大きめのものを使うと重量、範囲とも広くなります。

部屋の隅や角にいる場合はターゲットを閉じ込めることができますが、
本のように出てこないからと言って死亡している訳ではないため注意が必要。

タオルを一度かぶせた後、上から本やスリッパで叩くなど、必ずトドメをさす必要があります。
人によっては、そのタオルに嫌悪感が出て使えなくなることも。。

  ※まとめ

Gを発見したら音を出さず慌てない!!

洗剤や熱湯を用意する前に、Gに感づかれては元も子もありません。

Gは夜行性で目が悪い代わりに、聴覚と触角が非常に優れています。

つまり、音と空気の振動に非常に敏感。
知能指数は非常に高く、暗いところ、狭いところが好きなので、
気づかれると本やスリッパで退治しようとする前に一目散に見えないところに隠れます。

そうなってはG退治も一苦労。
Gを発見したら、音を立てたり、大きな動作で風が起きたりしないよう、
なるべく近くにあるもので手っ取り早く退治しましょう。





































カテゴリー