FAKEOUT magazine

11歳の少年がレモネードを売ったお金を使い、『332台』の車いすを寄付

11歳の少年がレモネードを売ったお金を使い、『332台』の車いすを寄付

アメリカの夏の風物詩でもある、子供達によるレモネードスタンド。

 

28a8c975507e4f08fcdbb85b94e64c9c

 

手作りのレモネードやお菓子などを家の前で売るのだが、

お小遣いを稼ぐと同時に、

お金の使い方もわかる・物を売る難しさ・お金のありがたみがわかる

として、昔から大人気だそうだ。

d83796d82519d50cb2b0c5d66f6cf736

自ら稼いだお金で「新しいゲームを買う」「かっこいい自転車を買う」

これが多くの子供達が考える売り上げの使い道だという

しかし、11歳のZack Francom (ザック・フランコム)君は、一味違ったのだ。

5dba1f13d65274bc0748507bce6c35a6

普通の11歳であればまだまだ遊びたい盛り、

みんなと一緒にゲームしたりどんどん新しい物が欲しい年齢です。

ただ彼は、自身のレモネードスタンド「Zack’s Shack」の売上の全てを

途上国へ車いすを送る」

ために教会の慈善団体に寄付したのだ。

63b627be708c0c829f8fefa49abe3b89

4年間、

毎年の春休みの週末を利用してレモネードを作り、コツコツお金を稼いだ結果、

ついに332台もの車いすを寄付することに成功したのだ

 

 

彼はあるメディアのインタビューで次のように応えた。

『車椅子に乗っている人を知ってるけど、もし車椅子を持っていなかったら悲しいよね。

その人は、自分で移動が出来ないから、車椅子を持っていないってだけで周りから軽く扱われちゃうんだもの』。

41084aa5d909b3bb101df486dcc17235

世界中の車椅子を受け取った人たちから届くお礼状も、彼のエネルギーの源となっている。

4年間の頑張りがお金では買えない、何かをザック君は得ている。

誰かに言われる事無く、

自分で自分のやりたい事のために働き行動する。

簡単なようで難しい事をやっているのだ。

 

 

 

「このような取り組みをアメリカ中の子供達に広めること、車椅子を送った人に会いにいくこと、そして世界中を飛び回ること」が、ザック君の将来の夢だそうだ。

 

62dce0eb48262bd209c3a36c0fa2b0c3

 

年齢は関係ないのですね。

何かをやるのに、遅いも早いも無いですね!

 

このような素晴らしい行動が出来るザック君を私は心から尊敬します!

 

ザック君これからもがんばって!!

 

ザック君のホームページ

 

ザック君のファンディングページ

 





































カテゴリー