FAKEOUT magazine

スペシャル対談企画Vol.2 ヘアサロン ISM 吉田潤 × DOWBL TAISHI

time 2014/08/18

スペシャル対談企画Vol.2 ヘアサロン ISM 吉田潤 × DOWBL TAISHI

1998年に設立された北千住のヘアサロン『ISM』。
トップアーティストを始めとする著名人やモデルが足繁く通うこの美容室には、まさにカリスマの名がふさわしい代表がいる。
2011年に創立された『DOWBL』艶、柄、シルエットと独自のスタイルを模索し、常に新風をアパレル業界に巻き起こす、このブランドにも若きカリスマディレクターがいる。
『ISM』吉田潤×『DOWBL』TAISHI。カリスマ同士だからこそ分かり合える領域のクロストークを堪能して欲しい。

TAISHI(以下、T):「実は潤さんが仕事着としてDOWBLを着ていただいていると聞いていて、すごく嬉しかったんですよね」

吉田潤(以下、潤):「DOWBLができたころから知っていて、自分の中では勝手にオフィシャルブランドだって思ってます(笑)」

T:「言うことないほど嬉しいです!」

:「美容師という仕事はアバンギャルド、トラディショナル問わず色んなものを吸収して発信しなければならないんです。DOWBLはどんなシーンにも対応できる表情とストーリー性を持っているんで、そう言った部分が好きなんですよ」

T:「そう感じていただいて、光栄です。DOWBLはライフスタイルに合った一連性を持った部分もテーマにしているので」

:「発信しているTAISHI君の意図がすごくビビッドに伝わってくるんです。無理なく海外の匂いを渋谷の街に落としこんでいて、タウンとナチュラルの融合感もこれからをさらに期待させるものになっていますよね」

T:「作る上で、着てくれる人がどんな服を着れば嬉しいとか、DOWBLのコンセプトを明確に意識しながら作っているんですが、そこまで感じ取っていただけると、言う事ないです(笑)。これはきっと潤さんも似ている部分があるんじゃないですか」

:「僕が長い髪を切るときは、僕もお客さんも立って、長さのチェックをしないとヘアスタイルの良し悪しがわからないんです。」ほかにもその人の職業や動いている姿を想像して推理しながら切りますね」

T:「そこまで徹底しているんですか」

:「予想して、五感を奮い立たせながら模索してハートを掴む。それはデザイナーでありクリエイターでもある僕たちの宿命だと思っています」

taidan2_main1

T:「そうですね。自分は実際に接客はしないんですが、ショップにはなるべく行くようにしてるんです。そこでお客さんが何を欲しがっているのかを研究して、デザインに落とし込んでます。やはりどこかで気を抜くとエゴが出てきてしまう」

:「まさにカリスマって言う言葉はこういう後光が差しているようなギラギラした子にピッタリだと思うな。だからカリスマという言葉を良い意味で捉えて、『他の奴らには渡さない』って気持ちを持ってて欲しいですね」

T:「カリスマなんて言われると照れてしまいますけど、もっとDOWBLを世界的なブランドにしたいし、そのためならとは思っています」

:「僕も16年程前には『若きカリスマ』と呼ばれていたんですけど、『他の美容師をカリスマって呼ぶならば僕のことをカリスマと呼ばないで』と言ったことがあるんです。だって何人もいたらおかしいじゃないですか(笑)」

T:「確かに(笑)」

:「カリスマって強くなきゃいけない。ストレスを近い人間にぶつけてはいけない。そういったコントロールを続けていけるからこそカリスマと呼ばれることができるんだと思うから」

taidan2_main2

T:「すごく分かります。周囲の人間がいるからこそ、走り続けられる。自分も右も左も分からないころから、みんなに支えられてここまで来れたという気持ちがあるんで」

:「僕は体に『節義』と彫っているんですけど、人としての節、男としての義理、それができるような、余裕があるカッコイイ大人になりたいなっていつも考えています。TAISHI君もきっとそうなれるしDOWBLもさらに羽ばたくブランドだろうと思っています」

T:「自分の座右の銘は『死ぬまでカッコつける』ということなんですが、まさにぴったりです。面白いことは、どんどんやりたいと思っているんで色々相談させてください」

:「是非! 楽しみにしていますよ」

 


 

TAISHI
1992年生まれ。
華やかなラグジュアリーさと、男らしい洗練された武骨さを兼ね備えたブランド『DOWBL』のディレクター。
そのファッションアイコンとしてのカリスマ性は各業界からも注目が集まっている。
【Official Blog】http://ameblo.jp/crew-daichan/

吉田潤
1967年生まれ。
98年、地元北千住にヘアサロン『ISM』をオープン。
モデルやアーティストに爆発的な人気を博し、05年には表参道に2号店を開店。
その人柄は男女問わず幅広く慕われる〝兄貴分〟美容師。
【Official Site】http://www.ism-hair.com/

 





































カテゴリー