FAKEOUT magazine

スペシャル対談企画#005 スタイリスト・徳永貴士 × DOWBL TAISHI対談

time 2014/11/11

スペシャル対談企画#005 スタイリスト・徳永貴士 × DOWBL TAISHI対談

独自の上品な世界感で若い世代に圧倒的な人気を獲得しているブランド“DOWBL”。

DOWBLは毎年2回、春夏と秋冬に発表する商品をLOOKBOOKに掲載している。このLOOKBOOKのスタイリングを担当し、DOWBLデザイナーであるTAISHIが全幅の信頼を寄せているのがスタイリストの徳永貴士氏だ。

10648941_569774079836142_5209103921957974115_o

名称未設定-100

1796045_569774153169468_440894281822997768_o

 

今季は様々な著名アーティストや雑誌などのスタイリングで活躍している徳永氏とTAISHIが手を組み、DOWBL初となるカプセルコレクションが発表された。

その名も“DOWBL by cloud label”。 2人がこの8点のコレクションに込めた思いについて話し合った。

 

 

“雲のように”DOWBLが世界中に広がっていくために

 

TAISHI(以下、T):徳さんには、2012年からLOOKBOOKを担当してもらって、もう二年。なんか意外と経ってるなって感じですよね。

徳永貴士(以下、徳):LOOKBOOKを見直してみて、改めて感じたんだけど、その間にDOWBLもTAISHIも、本当に進化してると思うよ。

 

IMG_4307

 

T:いや、徳さんに毎季ごとのテーマを持っていくたびに色々と教えてもらっているおかげですよ。DOWBLが進化しているというのは自分でも分かります(笑)。

徳:その割には、前に俺がスタイリングでスニーカーを合わせたら、嫌な顔したりしてたじゃん(笑)。カジュアルなノリだった2012年頃のアイテムだったから、コレと思って持っていったのに。

けど、今回の新しいLOOKBOOKを見ると、すごくまとまってきてるってのがわかるよな。

 

IMG_4291

 

T:それも徳さんのアドバイスのおかげだと思うんですよね。

自分は本当に素人からデザインを始めた人間だから、長年ファッションを仕事にして色々なアイテムを見てきた徳永さんの言葉って、やっぱ重いんですよ。

徳:それはTAISHIがすげー素直だからでしょ(笑)。

ちゃんと言われたことを噛み砕いて、きちんと次に生かしている。きっと言われてイヤなこともあるだろうけど、それも踏まえて聞いているのが分かるから言い甲斐があるんだよね。

 

IMG_4367

 

T:自分としてはそれに反発して、「それじゃあコレなら」って気持ちで考えてたりするんで。

自分的にも色々と変遷はあったけど、今回発表した2014A/Wはキレイ目を意識していったら自分の中でもデザインを作りやすかったんです。

そういったアドバイスをいただける方だったんで、徳さんとDOWBL by cloud labelというコレクションを作ってみたいと思ったんですよね。

あとは単純に徳さんのことが好きだから(笑)。

徳:気持ち悪いな!(笑)

けど、ここまで2年かかってお互いの関係を作ることができたから、DOWBL by cloud labelは肩肘張らず、最初は本当に軽いノリでつくろうって話になったんだと思う。

そんな軽いノリだったのにやり始めたら、かなりコダワって作れたから良かったよね。

 

IMG_4345

 

T:今回は本当にブランド的にも始めての挑戦だったんで、こういった生地やイメージといわれたものを8アイテムで何パターンか作って。それも徳さんに恥ずかしいもの見せられないからかなり吟味しましたし。

で、徳さんの予定が合うときに打ち合わせに来ていただいて、その度に「幅を何cm修正」とかって、全アイテムに形から素材までほぼ修正を入れていきましたからね。

正直、大変でした(笑)。そのかわり、すごいアイテムができたって感触はあります。

 

徳:元々、DOWBLは色や柄の使い方にしても結構トガったデザインが多くて賑やかだったんで、それなら逆のものを作ってみたらどうだろうって思ったんだよ。

デザインにしろ削ぎ落として、削ぎ落としまくって今回は黒一色のラインにして。だからこそ素材や形は徹底的にコダワった。

生産の人も協力的で、作るんだったらちゃんと作ろうと思ってくれたからさ。パタンナーの方まで呼んで、打ち合わせさせてもらったからね。

 

IMG_4326

 

T:自分としては本当に徳さんも生産のみんなに対しても感謝しっぱなしです。黒一色のコレクションもDOWBLなら、俄然目立ってきますし。逆に、徳さんがここまでコダワってくれたのはなんか理由があるんですか?

 

徳:最初のノリは軽かったけどさ、アパレルを売るのにも大変な時代なのに会社としてもがんばってるって感じていたから。こういった新しいコレクションを作るにしても本当に大変なのは分かるから、今後のDOWBLの展開にも広がりを見せてあげたいというかね。DOWBL by cloud labelでこれだけ良いものを作ったことを分かってもらえれば、オンリーのショップに限らず、色んな場所で見てもらえるし、そのためのツールにも成り得るからさ。

 

T:めちゃくちゃ嬉しいです。今回の“cloud label”には雲のようにDOWBLが世界中に広がっていけたらという想いがこもっているので、それをきちんと形にしてもらえて。

毎回、デザインしたものが上がってくるのが楽しみで嬉しいものなんですけど、今回は新しい挑戦だったということもあって、その喜びもありましたから。

 

10647029_569774379836112_1371693978373518068_n10689717_569774383169445_1792233241121013233_n

 

徳:DOWBL by cloud labelはレギュラーラインよりもハイラインに作りこまれているから、DOWBLが好きという人に着てもらえれば、絶対にファッションに対する気持ちもより高まっていくと思うんだよね。

TAISHIはコレでもまだ発展途上だからさ、DOWBLのファンもTAISHIと一緒に育っている感覚がある。

だから、その次の段階にDOWBL by cloud labelがあればいいなと思うよ。

 

取材・文/牛嶋健(A4 studio)

 

IMG_4314

 

DOWBL by cloud label

 

DOWBL official web store

 http://dowbl.jp/

 

 

《Profile》

IMG_4280

Stylist 徳永 貴士 プロフィール

1978年生まれ。鹿児島県出身。

Stylist 本間 良二氏に師事。2001年独立。

フリーのStylistとして、雑誌、広告、アーティスト、俳優など、幅広いジャンルの仕事に携わる。

【Twitter】【Facebook】【instagram】

 

IMG_4283

TAISHI プロフィール

1992年生まれ。神奈川県出身。

華やかなラグジュアリーさと、男らしい洗練された武骨さを兼ね備えたブランド『DOWBL』のディレクター。そのファッションアイコンとしてのカリスマ性は各業界からも注目が集まっている。

【Official Blog】【Twitter】【Facebook】【instagram】

 

 

 

 







































人気記事

Sorry. No data so far.

カレンダー

2017年1月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

RSSRSS