FAKEOUT magazine

10代によるSNS批判が的を獲ている

10代によるSNS批判が的を獲ている

スマフォの普及と共に、今や生活に欠かせないものをなっている

SNSなどのコミュニケーションアプリ。

そんななか、アメリカのテキサス大学に通っている19歳の大学生アンドリュー・ワッツさんの各SNSに対する批評が非常に興味深いです。

 

とにかく鬱陶しい
【Facebook】

Topic - Facebook

 

出典:http://www.mirror.co.uk/all-about/facebook

 

結論から言うと、FBはもう死んでいる。中学生くらいのときからカッコいいと思ってはじめたけど、今となってはテーブルを離れられない家族とのディナーみたいでひたすらウザい。しかも、やらないならそれはそれでもっと鬱陶しい。「みんなやってるのになんで持ってないの?」そういうプレッシャーがある。

FBの便利なところは、グループ機能だけだ。自分の入っているグループで何が起こっているかチェックするためだけにログインするというクラスメートが何人もいる。ニュースフィードとは違って、複雑なアルゴリズムがなく、興味のない広告や他人のポストを見ずに、グループページに投稿されたポストから簡単に情報を得ることができる。

それほど仲が良いわけではない人に連絡を取りやすいという理由で、FBのメッセージ機能も人気がある。みんな使ってるから、オンラインで誰か探す時の出発点にもなってる。

 

ダントツでみんな使ってる
【Instagram】

ersOS4fTJFbEuUL1

出典:http://trilltrill.jp/app/articles/424

 

Instagramはダントツ。ぼくらの年代で使われているSNSでは一番使われてる。ほとんどの人がFBやってる一方で、実際の投稿はインスタでしてる場合がほとんど。

1,500人の友達がいるFBで写真を投稿しても「25いいね!」しかもらえない。でも800人のフォロワーしかいないインスタでは同じ写真に「253いいね!」がつくからすごく楽しい。理由にはいくつか見解がある。

まず、「いいね!」を押しても、ニュースフィードに上がって「いいね!」したことをからかわれる心配がない。だから、「いいね!」が押しやすい。コメントも同じだ。

フォロー返ししなければいけないプレッシャーもない。つまり自分のフィードが自分が実際に見たいものだけで成り立つ。興味のない無駄な情報をスクロールしまくるよりは、楽しめる内容だけ見れる方を使うのは当たり前だ。

だいたい他より質がいい。みんなフィルターや明るさやコントラストの調節をして写真を編集し、一番見栄えが良い様に手間暇をかけるからだ。それに、まだ中年世代があまり足を踏み入れてないことも大きい。単純に若いんだ。スマホを持ってて、やってない人はほとんどいない。

勝手にタグ付けされない

Instagramなら変な写真や写りの悪い写真に自分がタグ付けされていることを、いちいち確認しなくてもいい。なぜなら簡単にフィードでタグを見ることができないからだ。結果として閉鎖的な体験になる。

誰かの投稿した写真で自分のひどい姿が映っている?そんなの問題じゃない。もし本当に心から嫌だったら、ただタグを消してしまえばいい。

1日に何度も投稿する人もいない。多くの人は丁寧だし、週に2、3回程度で済ませてる。だから、多くのポストを自分の目に流し込まなくていいし、フィードに「追いつく」ことが十分出来る。

あと、Instagramにはリンクがないから、広告やひどいゴシップ記事、Buzzfeedの「ペットに必要な知られざる超便利な28の発明」などをいちいち目にしないでいられる。

商業目的っぽくなくて、より内容に集中してて、結果より多くの若い世代が使ってる。もっと若い世代、10-16歳の子達は、もはやFBさえ使ってない。インスタさえあれば十分なんだ。

 

何が良いのかよく分からない
【Twitter】

2f0c145d5ea502b3f018ccada393469a

出典:http://sonoyama.org/2543.html

 

正直、Twitterの何が良いのか理解できない。

どこの学校にも、宗教みたいにTwitterを使ってツイートしまくるグループと、ただツイートを見るだけのグループ、リツイートするだけのグループがいる。けどそれ以外人は使ってない。友達を探す機能もよくないし、みんな親や家族が見る可能性の低いところで、学校の文句をつぶやいたりするためだけに使ってる感じ。

ツイートがTwitter上でサーチ可能なのは良いことだけど、もし自分の言いたい放題で仕事を探しているならあまり良いこととは言えない。みんな自分の未来の雇用者が、いつかそれを見るかもしれないという推測のもと投稿をしてる。

要するに、Twitterの使用者には4つのグループがいる。文句をつぶやく人。自分を表現する人。何を言っているにしろ未来の雇用者が見るかもしれないことを推測してつぶやく人。そして他の人のツイートを見てたまにリツイートするだけの人。それだけだ。

 

秘密結社のようなもの
【Tumblr】

a74aebf8-f907-4bf2-9aa6-c6b39f2ecd07

出典:http://www.windowsphone.com/en-us/store/app/tumblr/ffa2fb4f-61b2-4075-ac7b-488846998b72

 

Twitterは、「全く面識のない人をフォローしたりされたりする場であると同時に、自分のアイデンティティーもそこに置いておける場だ」と説明したけど、それに対してTumblrは、全く面識のない人をフォローしたりされたりする場であると同時に、自分のアイデンティティーをそこに置いておかなくてもいい場なのだ。

みんな見てるけど、だれも口にしない。秘密結社みたいなもの。本当の自分のままで、同じ興味を持った人に囲まれるような場所。サイトに個人情報が少ないおかげで、本当のなりたい自分になることができる。

URLを知っているのは、実際の人生の中でもすごく仲のいい人たちだけだし、自分のURLを知っている人も本当に仲の良い人たちだけ。それに、もし見つかっても単にURLを変えればいいだけで済む。プロフィールには名前は載ってない。だから、もしURLを知らなければ誰かを特定するのは極めて難しい。特に、親の目から逃れる為には最高の方法。

フィードには自分が興味のあることしか上がってこないので「いいね!」や「リブログ」で関係を深めることができる。SNS社会の中で定義されるような「人との交流」がこのサイトにたくさんあるわけじゃないけど、同じような興味を持った人に世界規模で簡単に出会うことができるのは確か。

これは多くの10代の若者にとってすごく魅力的。ただ友達をつくるために、Tumblrを始める人も多い。

 

いかがでしょうか?

確かに惰性などで続けているものなどもありますね。。





































カテゴリー