FAKEOUT magazine

なかなかお金が貯まらない。。使い方を変えてみましょう。

なかなかお金が貯まらない。。使い方を変えてみましょう。

お金は人生においてきってもきれないものです。そして「貯めよう」と思ってもなかなか上手くいかないことが多いですよね。 そんな悩みをスッキリ解決をして、お金の悩みをスマートにしましょう。

◇ 「何」に使っているか把握しよう

皆さんは自分の「お金」の流れを把握していますか?
把握していない方は、そこから始めてみましょう。最初は何も気にせずに「食費」「交通費」「雑費」など普段の日常生活で必要なお金をノートなどに書き残してください。携帯電話のメモ帳にでもかまいません。自分が何に一番お金を使っているのか、使っていなのかが見えてくるだけでお金に対しての意識が変わります。

◇ お金でストレスを発散しない

多くの人が「ストレス」をお金で発散させようとします。例えば「お酒」「食事」「ギャンブル」「ブランド」「ショッピング」など。お金に余裕があるのなら何をしようと個人の自由ですが、お金でストレスを発散させようとしても支出だけが増える一方で、プラスになることはあまりないでしょう。一時的な自己満足に過ぎず、そのストレスの原因が改善されるわけではないことが多いからです。

◇ 「本当に必要?」

ストレスと繋がる部分でもありますが、例えばお腹がすいているときなどに、必要以上に買い込んでしまった経験はありませんか? そしてお腹がいっぱいなのにもったいないからと無理して買った物を食べる。1度手にしたものを購入する時に、今一度考えてみてください。「これは本当に必要かな?」と。食べ物以外でもそうですが購入して結局使わずに眠ってしまっているものは少なからずあるはずです。
考え方としては、食べ物の場合は空腹ということに惑わされているだけなのであまり考えなくても答えはでるはずです。しかしそれが「洋服」「バッグ」「靴」など一目惚れして欲しくなった時は少し難しくなってしまいますよね。「この商品を購入したら自分にプラスになって返ってくるか?」と考えると意外とあっさり答えが出ることがあります。「ブランド」だった場合、「誰かに自慢したいだけではないか?」などもう一度、自問してみてください。

◇ 必要な物は「節約」しない

ただし例外もあります。お金を使うことで自分を向上させてくれるのなら節約は避けるべきです。確信があるものに対して「しょうがない」「まぁいいか」と妥協してしまうと必ず後悔が残ります。そのために不必要なものにはお金をかけず、その分のお金を、必要なものにあてましょう。不必要なことが判断できるからこそ、本当に大切なものが見えてくるかもしれません。

 

生きている限り、必ず必要になってくる「お金」

だからこそ上手に使っていきましょう。





































カテゴリー