FAKEOUT magazine

医者が健康のために食べてる食材TOP5!!

医者が健康のために食べてる食材TOP5!!

健康な身体は食事から。と言いますが、色々な情報があり、何が良いか迷ってしまいますね。

そこで、医師専用サイト『MedPeer』が行った「医師7万人のアンケートでわかる。お医者さんのベストチョイス」からお医者さんが健康のために積極的に食べている食材ベスト5をご紹介します!

 

第5位:りんご

???? Vol.14 ??????????

出典:http://cafy.jp/6252

「1日1個のりんごは医者知らず」と、こちらもお医者さんと食べ物のことわざに出てくる食材でした。ペクチンなどの食物繊維が腸内環境を整えるほか、コレステロールと血圧を下げ、心臓病や脳卒中の予防になるともいわれています。デザートやスムージーに使いたい食材です。

 

第4位:ブロッコリー

img_0

 

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141398885315067201/2141399104816761403

ブロッコリーはビタミンA、Cを豊富に含み、美肌や風邪予防に、フィトケミカルの一種であるスルフォラファンが体内の解毒作用や抗酸化酵素の生成を促進する、がん予防効果、ピロリ菌抑制効果があるといわれる野菜です。

 

第3位:納豆

5jeir86kcskwa52k0hz99_original

 

出典:https://qrank.jp/r/lcv409dg

納豆などの大豆製品がホルモン系の悪性腫瘍を抑制する効果がある、血をサラサラにする効果がある、という理由でした。発酵食品は腸内環境を整えるといわれていますが、“畑の肉”とよばれる大豆の健康効果も有名ですね。

 

第2位:ヨーグルト

ヨーグルト

 

出典:http://matome.naver.jp/odai/2139192611854800601/2139193374161779003

腸内環境を整え、アレルギー、免疫機能の改善をする目的のほか、カルシウムのために摂取しているそうです。
花粉症にもヨーグルトが良いといわれていますが、腸の免疫が全身の免疫のカギと考えているという声もありました。ヨーグルトも習慣にしたい食材ですね。

 

第1位:トマト

shutterstock_22019500

出典:http://quartet-communications.com/info/topics/23432

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがありますが、お医者さんもやっぱり積極的に食べていました!
トマトは抗酸化作用があるリコピンのほか、疲労回復効果があるクエン酸、身体を作るアミノ酸など、美容と健康に良いとされる成分がぎゅっと詰まっているといわれています。
お医者さんは毎日トマトジュースを飲んだり、できるだけ生で食べたりしているそうです。

 

いかがでしょうか?

上にあげたような食品を毎日バランスよく食べれば、医者いらずの体が手に入りそうですね!!

しかし、体に良いからといって食べ過ぎると、逆に悪くなってしまうため、気を付けてください!!

 





































カテゴリー