FAKEOUT magazine

パパのNG育児あるある5選!イクメン気取りの旦那がイタイ!

パパのNG育児あるある5選!イクメン気取りの旦那がイタイ!

「イクメン」「育メン」「育パパ」など、
育児に積極的にかかわるパパ族がもてはやされて久しいこの頃。
子どものお世話や教育への強い興味はもちろん、
家事や家庭へのサポート能力にも長けていると言われる彼らですが、
実際のところ、妻からのニーズにマッチしているのでしょうか?

 

育児やってるつもりあるある5選

最初に言っておきます!笑

WS0000132

出典:xn--gdkzb6a8d7443asha433a5p5a.jp

今回は旦那諸氏が陥りがちな偽イクメン行為と、
対する妻からの現実的な評価を調査しました。

 

1、ご飯食べさせるのは、俺の方が上手いんだよね

shutterstock_148452884-2

 

出典:maternity-march.jp

妻の気持ち・・・

・そう言って誇らしげな旦那にイラッ。
食べさせるだけに集中できるのなら、
誰だって慣れればできますからねぇ。
後片付けまでが一連の流れだっていうことに考えが至らないみたい。

そもそも食事は、
足元にまとわりつく子どもの機嫌を取りながら料理し、
お皿に取り分けてテーブルに並べ、
カトラリーと飲み物を出し、
終わったら片づけてと、食べさせる以上の手間がかかるもの。
その間、
俺の役目じゃないとばかりに口をあけてテレビに見入っているパパ、
絶対的に偽イクメンです!

 

2、洗濯物、やっといたから!

1e22b25317386d210775fe2d68c39981-300x225

出典:kodomono.net

妻の気持ち・・・

・いかにも“気が利くでしょ”な顔だったから期待したら、
洗濯物を干すどころか、むしろ洗濯機に入ったまま、
ベッチャベチャ…。そして足ふきマットと肌着を一緒に洗っている…

ちまたでは<食洗機と乾燥機能付き洗濯機は、
旦那より使える>なんて噂が流れているとか、いないとか。
フル稼働する白物家電に比べ、俺、動いてないかも?
と気付いたパパ、間違いなく頼りにされていません!

 

3、子ども、俺が寝かしつけておくから

TOP

出典:baby-sleep.in

妻の気持ち・・・

・寝かしつけするから、と宣言したものの、
子どもが寝やすい環境づくりをすっ飛ばす旦那。
眠たいのに眠れずギャン泣きする子どもにさじを投げ、
そのうち自分だけ先に寝ちゃってる。
育児の責任感ゼロで頭にきます!

小さな子どもほど、眠りのきっかけが必要なもの。
入眠ルールをしっかり把握しておくのが、寝かしつけの最低原則です!
ベッドに入った我が子が何を求めているか分からないパパ、
添い寝のご指名が一生取れなくなるかも。

 

4、SNS『日曜は公園で子どもと遊んだ後、帰宅してヒーローごっこ^^』

images

出典:biplan365.com

妻の気持ち・・・

・めずらしく子どもと公園に行ったと思ったら、
人がいっぱいだったと僅か30分で帰宅。
その後は戦隊モノのDVDを見る子どもの横で、ゴロゴロとスマホいじり…。
ところがFacebookでは、公園で散々遊んで、
帰宅してさらにヒーローごっこをしたなんて投稿していて唖然。
これみよがしのイクメンアピールに失笑しました。

休日だからこそ子どもとたくさん触れ合ってほしいのに、
外出もおうち遊びも任せられない。
その割にSNSの投稿だけはマメなそのスタイル、
家族に呆れられてはいませんか?

ここのところ、休日なのに誰も家にいないな、
と気付いたパパ、間違いなく仲間外れ真っ只中です!

 

5、孫と過ごす時間をプレゼントしてるって感覚だね

acca38e2

出典:mamapicks.jp

妻の気持ち・・・

・たまに私が出かけると、旦那はいつも実家に帰省。
祖父母に会えて子どもは喜んでいますが、肝心の旦那は、
実家の家族に子どもの世話を押し付けてダラダラ。
用事があるとはいえ、
私がいないことが続けば義両親は変に思うこともあるだろうに…
そこへの配慮もないんです。

親孝行の意味も込めた帰省は、
自分だけ良いことをしている感覚に陥りがち。
家族に子どもの面倒も任せられるため、
子連れで頻繁に帰省する旦那諸氏も多いはず。
けれどそこにいない妻が自分の家族にどう思われるのかに気付き、
きちんとフォローできている人は少ないのでは?
最近、嫁と親の関係が良くなくて、と悩むかた、
あなたのイクメンらしからぬ甘えが原因かもしれません!

 

皆さんどうでしたか?

思い当たる事があったら要注意です!笑

 

☆本日の育児あるある☆

立っているときに無意識で身体がゆらゆらしてしまう病

 





































カテゴリー