FAKEOUT magazine

子育てあるある!赤ちゃんが最近ミルクを飲まない!その原因!!

子育てあるある!赤ちゃんが最近ミルクを飲まない!その原因!!

母乳の出があまりよくない場合は、
ミルクで足りない栄養を補いたいですよね。
でも赤ちゃんの中には、
ミルクをぜんぜん飲んでくれない子もいます。
このままでは栄養不足になっちゃうかも…
と心配になりますよね。
そこで今回は、赤ちゃんがミルクを飲んでくれない理由と、
飲ませ方の工夫をまとめました。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは、好きじゃないから?

shutterstock_68791360

生後1・2・3ヶ月の赤ちゃんが
ミルクを飲んでくれない理由として考えられるのは、
ミルクそのものを気に入らないケースです。
たとえば生まれた当初は母乳を飲ませていたのに
急にミルクにした場合や、
ミルクの銘柄を突然変えた場合に、
飲まないことがあります。
赤ちゃんがそれまでとの変化に違和感を覚え、
拒否反応を示してしまうのです。

ミルクを変えた場合には、
一度以前のものに戻して様子を見ましょう。
ミルクを変更したい場合は、
最初は使い切りのスティックタイプや試供品で飲ませて、
反応を見ながら飲んでくれるものを選んでください。
また、母乳に慣れてしまった赤ちゃんは、
できるだけ母乳成分に近いミルクを選ぶといいですよ。

ちなみに、
調乳に使うお湯の温度が高すぎたり
カルキ臭が強すぎたりするのも
ミルクを嫌がる原因になるので、
いろいろなミルクを試しても反応が変わらない場合は
お湯も含めて見直してみてください。

 

哺乳瓶が原因で新生児の赤ちゃんはミルクを飲まない?

shutterstock_174361190-480x320

ミルクを変えても飲んでくれない場合は、
哺乳瓶の乳首の形や大きさ、
固さなどが気に入らないからかもしれません。
哺乳瓶の乳首が大きすぎる、
固すぎるなど、
口に当たったときの感触が
しっくりこないために嫌がっているケースがあります。

また、乳首の穴の大きさで嫌がっている可能性もあります。
穴が小さすぎると吸うのに力がいるので
赤ちゃんが疲れて飲むのを止めてしまいます。
また、穴が大きすぎるとたくさんのミルクが口に
一気に入ってきて飲みにくくなります。
赤ちゃんが気に入る乳首が見つかるまで、
大変ではありますがいろいろなメーカーのものを
地道に試すようにしましょう。

 

新生児の赤ちゃんがミルクを飲まないのは、ミルクアレルギーかも?

4a85d05d

赤ちゃんがミルクを嫌がる、
飲んでも吐いてしまうといった場合、
ミルクアレルギー(新生児・乳児消化管アレルギー)
の可能性があります。
ごくまれに粉ミルクに含まれるカゼインや
たんぱく質に過剰反応してしまうことがあります。
生後3ヶ月以内に発症し、
血便や嘔吐・下痢などの症状が起こるといわれます。
特に新生児の場合は対処が遅れると
脱水症状になる可能性が高いため、
ミルクを飲んでも嘔吐や下痢がひどい場合には
病院へ連れて行ってあげましょう。

ミルクアレルギーと診断されたら、
市販の粉ミルクを止めて
ミルクアレルギー専用の粉ミルクに切り替えます。
ただ、ミルクアレルギーと診断された赤ちゃんの多くが
自然に症状が改善されます。
1歳前後ではたいていの乳製品を
食べられるようになるので、
心配し過ぎないようにしてくださいね。

 

赤ちゃんが突然ミルクを飲まなくなるのは?

ac75bc5e7ad4d54ab6c8179ded327ace-480x343

生後4・5・6ヶ月頃の赤ちゃんに見られるのが、
1~2週間前まではたくさん飲んでいたのに、
突然飲まなくなったというケースです。
ミルクを変えても、
哺乳瓶を変えても飲んでくれない場合があります。
この場合の原因ははっきりしていませんが、
「赤ちゃんのお腹が空いていない」のではないかと
考えられています。
体重が増えすぎていたり、
栄養状態が十分だったりするときは、
赤ちゃんがミルクをあまり欲しがらないものです。

赤ちゃんが元気いっぱいの様子でいるなら、
「1日の目安量を飲ませなければ」と考えすぎず、
たくさん遊んであげて
お腹を空かせてあげることを意識しましょう。
お腹が空けば自然とミルクを飲みたがるものです。
体重の増加ペースには個人差があるので、
体重が増えていなくても元気な様子があれば
問題ないことがほとんどですが、いつもより元気がない、
全く食欲がないなどの症状があれば、
病気の可能性もあるので、
お医者さんに診てもらってくださいね。

 

赤ちゃんがミルクを嫌がるのも個性の現れ!

 

赤ちゃんがミルクを飲んでくれないと、
どうしても心配になりますよね。
でも、ミルクや哺乳瓶を嫌がるのも
子供の個性の現れの一つであり、
その個性を把握して一緒にゆっくりと
歩んでいくことが大切です。
他の子や一般的な目安と比べずに、
ゆっくり、あせらず、
自分たちのペースで育児を楽しんでください。

 

☆本日の子育てあるある☆

こどもの風邪が治ったと思ったら自分も風邪をひく

 





































カテゴリー