FAKEOUT magazine

赤ちゃんのまつげは長いほうがよい?逆さまつげに注意!

赤ちゃんのまつげは長いほうがよい?逆さまつげに注意!

赤ちゃんのかわいらしい寝顔を見るのは、
日々の育児の中で癒される時間ですよね。
赤ちゃんの寝顔を見ているときに、
ふと「うちの子のまつげ、長い気がする」とか
「女の子なのにまつげがない…」とか、
まつげが気になったことはありませんか?
そこで今回は、赤ちゃんのまつげについて気になる点をまとめました。

 

まつげは目を守るためにある

shutterstock_88106374-480x320

まつげは、化粧でつけまつげをするように、
女性らしさを演出するものですよね。
まつげが長い人をうらやむ声もよく聞きます。
でも、そもそもまつげはただの飾りではなく、
大事な目を守るためのものです。
空気中に漂っているゴミやホコリ、
小さな異物などが目の中に入るのを防いでくれています。
上まつ毛は上に、下まつ毛は下に向いているのも、
上や下から来る異物に対抗するためです。
また、まつ毛に触れると反射的に目を閉じるのは、
眼球に物がぶつからないようにするために
センサーのような役割を果たしているからです。

 

赤ちゃんのまつげは長いのと短いの、どっちがいい?

shutterstock_94330240-480x320

目を守るという機能は、
まつげの長短には左右されません。
どんな長さでも眼球を守る機能があるからです。
そのため、まつげの長さは個人差が大きく、
生まれたばかりの赤ちゃんでもまつげが
長い子もいれば短い子もいます。
まつげが長い、あるいは短いといって
何も心配することはありませんよ。

 

新生児の頃にまつげがない!いずれ伸びてくるの?

43584b4c8e89b6b512438513aaadca28-480x319

まつげが短いと、
特に女の子であれば成長した後に
悩んでしまう場合もありますよね。
ただ新生児の頃にまつげがない・まつげが短いからといって、
大きくなってもそのままかというとそうとは限りません。
成長するにつれてまつげが伸びる子はたくさんいます。
逆に、幼児期はまつげが長かったはずなのに、
小学生になったら他の子よりも短くなっているという子もいます。
まつげが伸びるかどうかについても
個人差が大きいので一概には言えませんが、
新生児期に短い、ないからといって心配する必要はありませんよ。

 

まつ毛の長短よりも逆さまつげに注意して!

shutterstock_137703866-480x320

生まれたばかりの赤ちゃんのまつ毛は、
その長短よりも「逆さまつげ」に気をつけてください。
本来、上まつ毛は上に、下まつ毛は下にと、
外側に向けて伸びていくものですが、
逆さまつげは本来の向きとは逆に向かって
生えている状態をいいます。
ほとんどは自然に治りますが、
ひどくなると手術しなければならない場合もあります。
逆さまつげになっている赤ちゃんが、
頻繁にまばたきして、
泣く回数が多いようであれば早めに病院を受診してくださいね。

 

赤ちゃんのまつげの長短は気にしないで

自分の子供だけを見ていると、
他の子は違うのではないかと心配になることも多いものです。
ただし、まつげもそうですが、
他の子と違うことはその子の個性の一つでもあります。
危険な病気などでない限りは、
その子らしさを肯定的に受け止めてあげてください。
また、まつげについて気にすべき点は長短よりも逆さまつげです。
まつげにかかわらず、
赤ちゃんにリスクがあるのは何かを
きちんと見極めて見守るようにしてあげましょう。

 

 





































カテゴリー