FAKEOUT magazine

男が本気で「付き合いたい」と思う女性の共通点

男が本気で「付き合いたい」と思う女性の共通点

「本気でつき合いたい女性の外見に、男はそこまでこだわらないもの」

「遊びと割り切っている女性には、夢や希望を語るようなこともないだろう」

女性のどんな部分に注目すべき??

 

 

■あやまることに抵抗感がない

男にも言えることですが、自分の非を認めることにストレスを感じるような人間には、なかなか魅力を感じえません。

もちろん誰にだって「ごめん」は抵抗感があるもの。

でも、それをきちんと言えるか言えないには雲泥の差がありますよね。

素直さは男女の恋愛においても、非常に重要なファクター。

なぜなら信頼は、正直さの上に積みあがっていくものだから。

 

■適度なぬけ感や程よいスキがある

large

出典:http://weheartit.com

窮屈にならないこと、頑張りすぎないこと。

これを言いたい男は結構多いものですよ。

いつも誰かと競うように流行のスイーツを探索してはSNSにアップしてみたり、かと思えばコロコロとダイエット法を変えてみたり。

これをしないと「女子失格!」を自ら築きあげ、そのことばかりに追われて自分を見失ってはいませんか。

人は人、自分は自分。

肩の力が適度に抜けているくらいの方が、異性からは好印象を受けることも。

 

■金銭感覚がズレてない

彼女にしたいかどうかを判断するのにお金の使い方は思った以上に大切な要素です。

湯水のように浪費するのも、ギリギリまで切り詰めるような節約術も考えもの。

実際のところ、お金は価値を生むための手段にすぎません。

ブランドものに走るのも、衝動買いも、コンビニでお金を下ろしまくるのも、すべてほどほどに。

お金の使い方って、性格がよく出るんですよ。

 

■周囲の友達のウケがいい

large

出典:http://weheartit.com

愛嬌がある人は、男女問わず人気があり尊敬の的。

これは、何にも換えがたい強い個性でもあります。

なにか1つでもこうした皆に好かれる要素を持った女性に、男は惚れるもの。

友だちの評価がすべてではないけど、それでも評判の悪い女性との恋愛はどうしたって敬遠したくなります。

誰に対しても分け隔てなく同じように接する人ならば、敵をつくるようなことはないし、周りの評判だって間違いなくいいはず。

 

■話すだけでなくちゃんと聞ける

女性は話し好きな生き物だという見方はよくありません。

会話は他人と自分、相互のコミュニケーションですから。

人の話をちゃんと聞けるのは、懐の深さだけでなく知性を感じさせます。

しっかり聞く耳が持てるからこそ、的確な意見も言えるわけだから。

ただ聞くに徹するのではなく、要所できちんと自分の見解を相手に伝える。

知性のあるなしは、こういう所からも匂い立ってくるもの。

 

■背伸びせず自然体でいられる

large

出典:http://weheartit.com

息苦しさを感じることなく、普段着のままでいられること。

恋愛においてこれがどれだけ重要かは、男女問わず言えるはず。

片意地張らずありのままの自分を受け入れてくれる女性ほど、安心して身を委ねることができる。

信頼感はこうした自然体でいることからも生まれてくる気がしませんか。

 

■恋愛に依存しすぎてない

つき合い出したとたん、拘束するかのように盲目的に目の前の愛に溺れてしまう女性がいます。

恋愛がすべてになってしまう女性を男は重荷に感じることも・・・。

あくまでも恋愛はあなたの人生の一部、愛するキモチが人生に活力を与え、自分をやる気にさせてくれる、そしてすべてのことに前向きに取り組めるようになる。

あなたとの恋愛で彼が幸福を感じるのは、こうした相乗効果が生まれたときかもしれませんね。

 

■確立した自分のスタイルがある

自分の生き方にまっすぐでいて、凛としたスタイルがある女性ほど、男性からの気を惹くものです。

自分らしさをよく理解していて、好きなものや心地いいと感じることを自ら取り入れたライフスタイルを実践する彼女たち。

自分に似合うものをよく知っているからこそ、心地よさや気持ちよさをきちんと、自分の言葉におきかえることができるんですね。

 

■未来を予感させるかどうか

large

出典:http://weheartit.com

いわゆる第六感かもしれません。

それでも、直感的に未来を感じさせるか否かは、恋人を選ぶうえで重要な目に見えない感覚だと思いませんか。

「男の本能」が求めている!とは言いすぎかもしれませんけど。

でも、一目惚れともちょっと違い、彼女の話すリズムや抑揚、空気感、側にいて心地よさや落ち着き感を得られるかどうか。

そういった些細な積み重ねが「この女性なら間違いない」につながっているのではないでしょうか。





































カテゴリー