FAKEOUT magazine

驚愕!服の自販機が誕生!?

驚愕!服の自販機が誕生!?

 

60型の大型液晶画面に写った自身の全身映像に、

特別な処理を施したスカートやワンピースなどの商品画像が重なって写る。

飛び跳ねても洋服がピタリと追随する高い再現性や布の質感は、

通行人も思わず目を留めるほどだ。

実物の商品や接客なしに、まるで試着しているかのように買い物ができる。

『服の自動販売機』が池袋パルコ本館の地下1階に、開設された。

これは、

セレクトショップの“アーバンリサーチ”が開発したバーチャル試着端末「ウェアラブルクロージング」という端末で写真撮影をして、

“SNS”などで共有することができる。

気に入ったコーディネートがあれば、

そのまま液晶上でカートに入れ、発行されたQRコードをスマホなどで読み込めば、

連動するアーバンリサーチのEC(ネット通販)サイトで購入することも可能。

160617-parco-002-thumb-552x480-97879

ネットの通販でのデメリットである“試着が出来ない。” “商品のイメージが伝わらない”

等の悩みを解決?するという画期的な開発だ。

6月末までの期間限定の展開のため、

現在はレディスの40~50型のみだが、将来的には全商品の試着・購入を可能にしていくという。

ウェアラブルクロージング開発のきっかけは、

2012年に東京メトロ表参道駅の構内に出店した、わずか7坪ほどのポップアップストアだったという。

通行量の多い駅ナカ立地を生かそうと、

当初は雑貨を中心に置いたが、売り上げはイマイチ。

試しに衣料品を投入してみたところ、飛ぶように売れ出した。

売り場1坪当たりの売上高は、通常の店舗の3倍以上。

「どこで服を買うかというのはルールがないと気がついた」(齊藤氏)。

しかし、7坪の狭小な売り場では、陳列できる商品はせいぜい50着程度。

「1000着のデータが入った端末を置けば解決するのでは」という発想の転換に至った。

このように様々な企業が手軽に、しかも現実的に商品を買えるという観点の元、

様々なサービスを発信して行っています。

20140622171627

従来までの、お店に行き、店員と喋りながら服の知識をコミュニケーションの中で知り、

ブランドの世界を目で見て、手に取り感じるという“コミュニケーション”は無くなってしまうのでしょうか?

商売も人対人のサービス業であり、

自分で見て自分で買うという初歩的な人間の動作を忘れてしまうのは、

少し怖いですね。

画期的で、世界と勝負できるサービスではありますが、

過剰なサービスで本来の形を失ってしまうのは避けたいですね。

これからも各ブランドやお店が表現する“サービス”に注目です!





































カテゴリー