FAKEOUT magazine

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけ!方法やコツ、注意点は?

time 2015/05/01

赤ちゃんを背中トントンで寝かしつけ!方法やコツ、注意点は?

赤ちゃんの寝かしつけは、意外と大変ですよね。
グズって泣いたり、元気に遊ぼうとしたり、
根気強くがんばっても寝てくれず、
先にママが寝ちゃうなんてことはよくあります。
寝かしつけの方法は様々ありますが、
抱っこしながら背中をトントンしてあげるのは代表的な方法の1つ。
ただし、背中トントンの方法は意外と奥深く、
やみくもにトントンしても赤ちゃんはなかなか寝てくれません。

赤ちゃんの背中トントンが寝かしつけに効果的な理由は?

shutterstock_144816310-480x319

赤ちゃんに限らず、人は単調なリズムを耳で聴いたり、
身体で感じたりするのを繰り返していると
脳の働きが緩慢になって眠気を催します。
特に赤ちゃんは胎内で聞いていたママの心音の
リズムを思い出して安心するともいわれます。
電車に乗っているときにガタンガタンという
電車のリズムでうとうとするのと同じ原理ですね。
赤ちゃんを寝かしつけるときに、
リズムよく背中をトントンと
してあげるのは理にかなっているんですよ。

 

赤ちゃんの寝かしつけで背中トントンするときの注意は?

shutterstock_244985245-480x320

背中トントンは赤ちゃんの寝かしつけに効果的ではありますが、
嫌がるときもあります。
赤ちゃんは嫌なことをされると、ストレスになってしまい、
よけいに眠れなくなります。
長い時間トントンしても寝ないとき、
トントンを嫌がって身をよじるようなときには、
いったんトントンを止めましょう。
他の寝かしつけにチャレンジして様子を見てあげてくださいね。

 

背中トントンのコツを覚えてぐっすり寝かしつけよう

shutterstock_158127851-480x320

背中トントンは、一定のリズムで少し強めに
叩いてあげるのが大事です。
赤ちゃんが心地よいと感じる強さには個人差があるので、
赤ちゃんに合った背中トントンを見つけてあげたいですよね。
最初は大変かもしれませんが、
赤ちゃんとスキンシップするつもりで
探してみてはいかがでしょうか。

☆本日の育児あるある☆

息子のために喜びそうなパンフレット持って帰ったら一瞬でぐちゃぐちゃ





































カテゴリー