FAKEOUT magazine

赤ちゃんのおむつかぶれ、原因と治療法まとめ。薬は必要?

赤ちゃんのおむつかぶれ、原因と治療法まとめ。薬は必要?

赤ちゃんのつるつるすべすべとしたおしりは
触ると気持ちよくって、見た目にもかわいらしいですよね。
そんなかわいいおしりですが、
おむつかぶれで真っ赤になりやすいので、
日々のケアが大切です。
今回は赤ちゃんのおむつかぶれについて、
原因と症状、対策、治療法、薬の必要性などをまとめました。

赤ちゃんのおむつかぶれとは?原因は?

97f0ac82

おむつかぶれとは、おむつに触れている部分が赤く炎症を起こす、
非アレルギー性接触皮膚炎のことです。
赤ちゃんの肌は薄く、バリア機能が不十分なので、
外的刺激にとても敏感です。
おむつかぶれは、汗やおしっこでおむつの中が蒸れて、
おしりの皮膚がふやけて、
傷つきやすい状態になることで起きてしまいます。
原因となる刺激は、おしっこやうんちの酵素、
尿素、細菌のほか、おむつの繊維による擦れや
洗剤などの刺激もあります。

赤ちゃんのおむつかぶれ、対策は?

f6b4fd2b-s

おむつかぶれ対策としては、こまめにおむつを取り替え、
おしりを清潔で乾燥した状態に保つことです。
特にうんちの場合には、
汚れを残さないように水分をたっぷり含んだ
おしりふきで汚れを拭き取り、
その後おしりをよく乾かしてからおむつを
はかせるようにしましょう。
おしりについている水分が気になる方は、
やわらかいタオルで水分を拭き取ってから
おむつをはかせるといいですよ。
うんちを洗い流すときは
霧吹きでぬるま湯をかける方法もおすすめです。
おしりをふきやすくなりますし、
きれいにふき取ってあげることができますよ。

 

赤ちゃんのおむつかぶれ、治療法は?

dcd8940f-s

軽いおむつかぶれになった程度であれば、
特に薬を塗る必要はありません。
まずは、赤ちゃんのおしりをゴシゴシ擦らないように
気をつけましょう。
汚れが気になるからとあまり擦ってしまうと、
赤ちゃんの皮膚が刺激され、
おむつかぶれが悪化してしまいますので、
優しく拭く程度にしましょう。
ただし、早めに治したいという方は、
ワセリンや軟膏、馬油を塗ってあげると治療が早く進みますよ。
生後すぐからでも使える安全なベビーワセリンも市販されています。

汚れが気になるうんちのときは、
おしりふきで拭くのではなく、
座浴やシャワーでまずはうんちを洗い流しましょう。
このとき、お湯がお尻の脂分も洗い流してしまい、
肌が乾燥しておむつかぶれの悪化を
引き起こしてしまうことがあるので、
オリーブオイルをしみ込ませた脱脂綿で汚れをふきとったり、
汚れを拭き取ったあとに馬油を塗ったりして、
おしりに油分のバリアをつくり、
肌を刺激から守ってあげましょう。
赤ちゃんのおむつかぶれがひどくなる前に、病院で薬をもらおう

5f6a1fef-s

軽いおむつかぶれであれば、少しの気配りで、
簡単になおすことができます。
赤ちゃんの体質によってはおむつかぶれになりやすく、
たびたび繰り返すことも多いので、
日頃のケアを心がけたいですね。
ただし、長引く場合やひどい症状の場合には、
必ずかかりつけの医師の診断をあおぎ、
塗り薬などの処方を受けるようにしましょう。
炎症を抑える外用薬を処方してくれますよ。
慣れない育児でバタバタしている時期ですが、
おむつ交換の際は、
赤ちゃんのおしりに炎症がないかどうかを
細かくチェックしてあげてくださいね。





































カテゴリー