FAKEOUT magazine

赤ちゃんの卵アレルギーの症状と原因は?治るの?卵ボーロはダメ?

赤ちゃんの卵アレルギーの症状と原因は?治るの?卵ボーロはダメ?

食物アレルギーを発症する赤ちゃんは、年々増加しています。
食物アレルギーを発症した子供のうち約4割が
「卵アレルギー」だといわれています。
卵は様々な料理やお菓子に使われている食材で、
不注意で食べてしまった…なんていうこともしばしば。
今回は、卵アレルギーの原因や症状、
対処法について詳しくご説明します。

 

赤ちゃんの卵アレルギーが起こる仕組みや原因は?

shutterstock_63061447-480x389

人間の体には、外から侵入してくるウイルスや
細菌に対して抗体を作り出し、
対抗しようとする免疫反応が備わっています。
しかし、この免疫反応が過剰になり、
本来は体に害のない物質に対して
抗体を作り出してしまうのが「アレルギー」です。

消化機能が未熟な赤ちゃんは、
特定の食品を食べたときにアレルギーを発症しやすくなっています。
卵を食べたときに起こるアレルギーが卵アレルギー。
特に卵白に含まれる「オボアルブミン」「オボムコイド」
という成分がアレルゲン(アレルギーのもとになる物質)になって、
アレルギーを引き起こします。

 

赤ちゃんの卵アレルギーの症状は?

shutterstock_146014445-480x270

症状の現れ方や程度には個人差がありますが、
主な症状は
皮膚のかゆみ・赤み・湿疹・じんましん・下痢・嘔吐などです。
ひどい場合は、
呼吸困難やアナフィラキシーショック(急激な血圧低下や意識障害などを引き起こす全身症状)
を起こし、命にかかわることもあります。

 

母乳でも卵アレルギーが起こる?検査方法は?

bc514a370e5fcef756d682cdf5872074-480x320

最初から、赤ちゃんがどんなアレルギーを持っているか
どうかはわかりません。
そのため、偶然何かを食べたときに湿疹が現れて
初めてアレルギーがあると知る場合もよくあります。
ママが食べた卵の成分が母乳に混じって
アレルギー反応が出る場合もあります。

食物アレルギーがあるかどうかは血液検査で確認できます。
アレルギー反応が出た場合には、一度病院に相談しましょう。
また、生後4ヶ月頃から血液検査ができるようになるので、
心配な場合はアレルギー反応が出る前に病院に相談してみてください。

 

赤ちゃんが卵アレルギーのとき、保育園や幼稚園ではどう扱われる?

保育園・幼稚園に入る場合は、
医療機関や園と連携しながら給食に配慮してもらう必要があります。
自治体や園によって対応方法は様々ですが、
近年は子供のアレルギーについての認知度が
上がっているのでなんらかの対応をしてもらえる場合が一般的です。
ただし、アレルギーがある場合には
入園できないなどの条件を設定している場合もあるので、
保育園や幼稚園の見学時には確認しておきましょう。

 

卵アレルギー以外の赤ちゃんの食物アレルギーは?

shutterstock_71105080-480x320

卵以外にも、アレルゲンになる食品は様々あります。
卵アレルギーがある場合、
他にもアレルギーを持っている可能性があります。
以下の食材はアレルギーを起こす可能性が
あることを覚えておいてください。
もしこれらの食品を食べたときにアレルギー症状が
現れた場合は医師に相談しましょう。

アレルギーの原因食物

穀類・豆類   大豆、小麦、米、そば、ごま
肉・乳   牛肉、鶏肉、豚肉、牛乳
ナッツ類   ピーナッツ、クルミ、カシューナッツ
野菜・キノコ類   マツタケ、山芋
果物類   りんご、モモ、バナナ、オレンジ、キウイ
魚介類   エビ、カニ、イカ、カキ、魚卵、サケ、サバ
その他   ゼラチン、カカオ(チョコレート)

 

赤ちゃんの卵アレルギーは3歳までに治る場合が多い

6a94d307b5c4ebd04605748bf63244b1-480x320

卵アレルギーが出てしまうと、
日々の食べるものに気をつける必要があります。
ただ、食品表示などを確認する癖ができると
それほど苦にはなりませんよ。
それに、赤ちゃんの食物アレルギーの多くは、
3歳を超える頃までには自然と治ってしまうことも多いです。
腸管の免疫機能が発達したことで、
卵が体に有害なものではないと認識できるように
なるからだと考えられています。
最初のうちは大変かもしれませんが、
あまり神経質になりすぎずに、
アレルギーと上手に付き合っていってくださいね。





































カテゴリー