FAKEOUT magazine

フォローアップミルクは必要?いつからいつまで?量や飲ませ方は?

フォローアップミルクは必要?いつからいつまで?量や飲ませ方は?

ミルク育児をしている方なら「フォローアップミルク」
を目にしたことがあると思います。
ベビー用品の棚やドラッグストアなどにも、
乳児用のミルクに混ざって置かれていますね。
でも、フォローアップミルクはそもそも必要なのか、
飲ませる場合はいつからいつまでか、量や飲ませ方など、
基本的なことを知らない方も多いと思います。
そこで今回は、フォローアップミルクについてまとめました。

フォローアップミルクとは?

0ebe35c37b244ac4ba412e7d56b1b891-480x320

生後5~6ヶ月になると離乳食がスタートします。
しかし、9ヶ月を過ぎたあたりから三食とも離乳食になりますが、
離乳食だけでは栄養素が不足してしまう場合に、
それを補う目的でフォローアップが使われます。
各メーカーから様々な種類のものが販売されていますが、
どれも離乳食で不足しがちなタンパク質やカルシウム、
鉄分、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれたミルクです。

 

フォローアップミルクは必要か?母乳育児の場合は?

shutterstock_119480995-480x316

フォローアップミルクは栄養を補うのが目的なので、
すべての赤ちゃんに必要というわけではありません。
母乳育児とミルク育児、
どちらの場合でも並行して離乳食を
しっかり食べてくれるようになっていれば
フォローアップミルクは必要ないんです。
ですが、なかなか離乳食を食べてくれない赤ちゃんもいますし、
離乳食だけでは補えない栄養があるのも事実。
そんなときに、フォローアップミルクが使われます。
以下の項目に当てはまる方は、フォローアップミルクの利用を検討してみてくださいね。

・母乳育児中だが、母乳の量が減少してきて栄養不足が気になる
・母乳育児をしてきて、離乳食が3回になってから母乳が出にくくなった
・卒乳に向けてミルク以外のものを飲ませたいが1歳未満で牛乳を飲ませられない
・離乳食の好き嫌いが激しく、栄養が不足・偏りがち

 

フォローアップミルクはいつからいつまで?

shutterstock_85771588-480x320

フォローアップミルクを検討している方にとって、
いつから飲ませ始めて
いつまで続ければいいのか気になるところですね。

フォローアップミルクはいつから飲ませる?
市販のフォローアップミルクには
「生後9ヶ月から」と書かれているものが多いですが、
9ヶ月になったらすぐフォローアップミルクに
変えなければいけないわけではありません。
目安となるのは離乳食の進み具合です。
離乳食が3回食になったタイミングで
フォローアップミルクを飲ませ始める方が多いですよ。
また、生後6・7・8ヶ月頃の離乳食初期に
用いてしまうと栄養バランスが崩れてしまうので、
通常のミルクを与えてあげましょう。

フォローアップミルクはいつまで飲ませる?

フォローアップミルクのメーカーは、
3歳くらいまでの飲用を薦めています。
ただ、1歳を過ぎた子供であれば、
アレルギーがなければ牛乳も飲めるようになるので、
フォローアップミルクから牛乳へ移行する方もいます。
3歳までの間であればいつまで飲ませるかは人それぞれですが、
栄養が不足しやすい離乳食の期間だけと決めて、
普通の食事ができるようになるタイミングで
牛乳に移行させるのを目安にしてはいかがでしょうか。

フォローアップミルクの飲ませ方や量は?

3474c6ffa66fd9e1dd00a0cdb43dbc2e-480x319

乳児用のミルクと同じように哺乳瓶で与えてもいいですが、
コップの練習も兼ねて離乳食の食事中に
コップやストローのついたマグで与えるのがおすすめです。
市販の各フォローアップミルクに書かれている分量を目安に、
おやつの時間や離乳食後に与えるようにしましょう。
与えすぎも栄養過剰になってしまうので、
離乳食の量を考えながら決めてくださいね。
量で注意が必要なのが体重です。
赤ちゃんの体重には個人差があるので、
一概に「生後10ヶ月だから量は●●」などと決めず、
成長曲線と比べながら、適量を与えてあげましょう。

フォローアップミルクは栄養“補助食”

フォローアップミルクはあくまでも
栄養を”補助”するものとして考えてください。
9ヶ月を過ぎたから飲ませなければいけないというものではなく、
赤ちゃんに必要な栄養が
摂取できているかどうかで判断するものです。
母乳や離乳食で十分に成長できていて
健康にも問題ないのであれば、飲ませる必要はありませんよ。
こうすべきものという固定観念を持たずに、
赤ちゃんに合わせて臨機応変に対応してあげられるといいですね。





































カテゴリー