FAKEOUT magazine

おしゃぶり・指しゃぶりは歯並びに悪い影響を与える?出っ歯の原因?

おしゃぶり・指しゃぶりは歯並びに悪い影響を与える?出っ歯の原因?

「おしゃぶりや指しゃぶりを続けさせていると、歯並びが悪くなる」
って、聞いたことはありませんか?
赤ちゃんらしい仕草でかわいらしく見えますが、
歯並びが悪くなるなら止めさせたほうが
いいのではないかと気になりますよね。
そこで今回は、
おしゃぶりと指しゃぶりが
子供の歯並びに与える影響についてご説明します。

 

赤ちゃんがおしゃぶり・指しゃぶりが好きな理由は?

shutterstock_69598714-480x319

赤ちゃんが泣いたときに
おっぱいや哺乳瓶を吸わせたらピタリと
泣き止んだという経験はありませんか?
赤ちゃんには、唇に触れたものを反射的に吸う
「吸啜反射」が備わっており、1~2歳くらいまで残ります。
赤ちゃんは何かを吸っていると気持ちが落ち着くので、
ぐずったときに自分の指を吸ったり、
親から与えられたおしゃぶりを吸ったりすることで
静かになってくれるのです。

 

おしゃぶり・指しゃぶりは歯並びに悪影響?出っ歯になる?

shutterstock_94429564-480x319

おしゃぶり・指しゃぶりは歯並びに悪い影響を与えます。
歯が生えそろう時期や生え変わる時期に
指やおしゃぶりをくわえていることが、
歯の成長の妨げになるからです。
上の歯と下の歯の間に隙間ができる
「開咬(かいこう)」や、いわゆる出っ歯と呼ばれる
前歯が突き出す「上顎前突」、
奥歯の噛み合わせがズレる「交叉咬合(こうさこうごう)」など
を引き起こします。

 

おしゃぶり・指しゃぶりで歯並びを悪くさせない方法は?

shutterstock_107827844-480x353

おしゃぶりと指しゃぶりは、
ある程度まで続けていても問題はありません。
ただ、止めるタイミングを間違えると、
歯並びに悪影響を与えてしまいますよ。
おしゃぶりの場合は、
2歳半までには止めさせたほうがいいといわれています。
というのも、おしゃぶりは歯並び以外にも
言葉を話すのを妨げる危険性があると考えられているからです。

指しゃぶり自体は、
1~2歳くらいの間は本能的なものなので
無理に止めさせる必要はありません。
ただ、前歯が永久歯に切り替わる6歳くらいまでに
止めさせておかないと、
永久歯が出っ歯になるなど歯並びが悪くなる可能性があります。
そのため、4歳半~5歳頃まで続いているようなら
止めさせるための方法を講じましょう。

 

赤ちゃんのおしゃぶりや指しゃぶりを止めさせるには?

shutterstock_126020345-480x352

おしゃぶりは親が与えて始まるものなので、
取り上げてしまえば止めます。
ただ、これまで慣れ親しんできたものなので急に取り上げると、
しばらくの間情緒不安定になってぐずりやすくなります。
そのため、2歳半を見据えて動き回るように
なってきたら他のおもちゃで遊ばせながら、
おしゃぶりに触れる期間を少しずつ短くしていきましょう。

指しゃぶりについては取り上げる方法がないので、
最初のうちは様子を見ながら自然に止めるのを待ちましょう。
3歳頃まで指しゃぶりをしていても、
保育園や幼稚園に入園したのをきっかけに
周りの目を気にして止める子も少なくありません。
また、親の言いつけもわかるようになるので、
「指しゃぶりは止めようね」と徐々に注意してあげてください。
もし4~5歳まで続いていると止めさせるのが難しくなります。
親が無理やりやめさせようとしても、
子どもが反発したり、他のものを代わりに
しゃぶるようになったりすることもあり逆効果。
気を紛らわせるために外遊びや運動をさせたり、
かわいい指人形をはめてあげたりして、
自然に止めるようにしていきましょう。

 

おしゃぶりや指しゃぶりに神経質になりすぎないで!

shutterstock_158292761-480x320

おしゃぶりや指しゃぶりで歯並びに
悪影響を及ぼしてしまわないかと心配になりますが、
1歳前後の小さいうちから神経質になりすぎる必要はありません。
成長の過程にあわせて少しずつ止めさせていけば問題ありません。
子供は成長するにつれて色々なことができるようになりますから、
自然に興味・関心もおしゃぶりや指しゃぶりから離れていくものです。
もしおしゃぶりや指しゃぶりに固執するようなら、
何か生活環境で不安を感じていることがあるのかもしれません。
どうしても気になるときは、
小児歯科か矯正歯科の専門医へ相談してみてくださいね。





































カテゴリー