FAKEOUT magazine

【赤ちゃんの歯】乳歯の生え始める時期、順番、生え方、トラブル対処法

【赤ちゃんの歯】乳歯の生え始める時期、順番、生え方、トラブル対処法

まわりの赤ちゃんは歯が生え始めているのに、
我が子の歯はなかなか生え始めない
生まれたときから歯が生え始めているけど大丈夫かな?など、
赤ちゃんの歯の発育に対して不安を抱く
パパママは多いのではないでしょうか?
今回は、赤ちゃんの歯の生え始める時期や順番、
生え方などについてご紹介します。

赤ちゃんの歯、生え始める時期は?

SnapCrab_NoName_2015-1-25_21-24-58_No-00

歯には、乳歯と永久歯の2種類があります。
赤ちゃんのときに生える歯は乳歯という、
子供の頭のサイズに合ったもので、
6歳頃になると乳歯は抜けて、
順番に永久歯へと生え変わります。
乳歯は前歯上下6本 奥歯上下左右2本ずつの
全20本で構成され、
平均して2歳6ヶ月ごろには生え揃います。

赤ちゃんの歯が生える順番は?

shutterstock_103510871

●生後6~9ヶ月頃:下の前歯
●生後9~10ヶ月頃:上の前歯
●生後11ヶ月~1歳頃:上下の歯4本
●1歳2ヶ月~1歳6ヶ月頃:奥歯(第一乳臼歯)
●1歳9ヶ月~2歳頃:犬歯
●2歳6ヶ月頃:奥歯(第二乳臼歯)

赤ちゃんの歯は、ママのお腹の中にいるときから作られ始めます。
妊娠6週~7週頃には乳歯の芽である歯胚(シハイ)
が形成されはじめ、
妊娠10週目には乳歯のもとは全て出来上がり、
赤ちゃんのあごの成長に合わせて出番を待ちます。
乳歯が生え始める前は、生える場所が大きく膨らみ、
指で軽く触ると歯のある部分が白くなっています。
また、この時期は赤ちゃんのよだれが多くなり、
なんでも噛むようになります。
歯の生え始めの時期は、歯茎がむずがゆく感じ、
赤ちゃんの機嫌が悪くなることもあるので、
赤ちゃんが生後6ヶ月頃から急にぐずり出し、
夜泣きをはじめたら、これが原因かもしれません。

新生児期に乳歯が生えているのはどうして?

dbc6e3a83418d3c142ecc35986c9b347-480x316

先天性歯

出生時や生後1ヶ月以内の新生児期に歯が
生え始めてくることを先天性歯といいます。
先天性歯は通常よりも早く歯が生え始めているため、
歯の形成が未熟で歯根もほとんどできていないため、
ぐらぐらしています。
授乳時に赤ちゃんの歯でママの乳首を痛めることがあり、
赤ちゃん自体にも舌の裏側が歯でこすれて
潰瘍ができるリガ・フェーデ病になるリスクもありますので、
医師に相談しましょう。
抜歯や歯の尖った部分を丸く削ると
いった処置の場合もありますが、
特に問題がなければ経過観察となります。

上皮真珠

生まれて間もない赤ちゃんの歯茎に
直径1mm~数mmの白い小さな塊が
1~数個見られることがあります。
これは、見た目が真珠に似ていることから上皮真珠と呼ばれますが、
中身はクリーム状のもので、
歯が作られたときの組織が残って、
歯ぐきの表面に出てきている状態です。
上皮真珠はその後乳歯が生えてくることに影響はなく、
自然に消えるので処置の必要はありません。
ただ、歯であるかどうか、
一度歯医者さんでみてもらうと安心ですね。

生後6ヶ月を過ぎても歯が生えてこないのはどうして?

歯の生えてくる時期は生後6~9ヶ月頃とされていますが、
赤ちゃんによって乳歯の生える時期や順番には個人差があります。
3歳半頃までに生えそろえば、
多少生える時期がずれていても問題ありません。
ただ、生後1歳3ヶ月を過ぎても歯が全く生えてこない場合は、
歯医者さんに相談しましょう。
歯の芽ができない先天性欠如や、
顎の骨が固い、歯茎が通常より厚いといった、
見た目にはわからないトラブルの可能性が考えられ、
レントゲン検査を行う場合もあります。
少しでも気になることがあれば、
1歳児健診の時、歯医者さんに相談すると安心ですよ。

乳歯の生え方や時期は個人差があるので、神経質になりすぎないで

64131d3751b93320a83fd340_640_smile

友達の赤ちゃんと比べて、自分の子供の成長が遅いと、
少し心配になってしまいますよね。
しかし、歯が生え始める時期は赤ちゃんによってそれぞれです。
不安に思うことや、気付いたことがことがあれば、
歯医者さんに相談しながら、
穏やかに赤ちゃんの歯の成長を見守っていけたらいいですね。





































カテゴリー