FAKEOUT magazine

ナンパから恋愛に発展したこと、実際ある?ない?

ナンパから恋愛に発展したこと、実際ある?ない?

あなたは街中で“ナンパ”されたことありますか?
大抵は誘いに乗らないことが多いと思いますが
たまにタイプの男性に声をかけられてうれしくなることってありませんか♡?
今回はそのような男性と恋愛に発展させる方法、ポイントを紹介します!
結論から言うと、恋愛には発展しにくい!
shutterstock_99395429
出典:http://www.girlsfriend.biz/?p=228

先に結論を述べてしまいますが、男性からのナンパから真剣なお付き合いに発展する可能性は高いとは言えません。
恋愛は自分のコミュニティ内から発展するパターンのほうが断然多いでしょう。
ナンパをする男性のほとんどは、彼女が欲しくてナンパをしているのではなく遊べる相手を探している場合が多いです。
出会った時から女性を恋愛対象ではなく遊びの対象として見ているので
その意識を覆さない限り恋愛には発展しにくいと言えます。
もしあなたのタイプの男性に声をかけられて「運命の出会いかも…!」
と思ったとしても、相手はそのつもりではない可能性が大。
しかし落ち込むことはありません!
裏を返せばあなたは「街中にいる多くの女性の中で唯一声をかけたタイプの女性」
ということになるので、上手く接すれば恋愛に発展する可能性も♡
ナンパから恋愛に発展するには、どのようなことが大切なのでしょうか?


ナンパから恋愛に発展するにはその①
小悪魔になる!
YOUNG ANGELINA JOLIE SHOOT
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142917379902383701/2142918670513978303

声をかけてきた男性といい感じになりたいな…と思ったら、あなたは”小悪魔”になるべきです。
これはどういうことでしょうか?
例えば、男性があなたに誘いの連絡を送るとします。
初めはノリノリな態度を示しておきますが
その後はLINEの既読無視や直前のドタキャン
または他の男性とのデートを匂わせる発言などをしちゃいましょう。
つまり大切なことは「焦らし」!
最初は遊び半分で連絡を取っていたはずなのに
焦らされ続けた男性はそのうち本気であなたを誘うかもしれません♡
最もNGな行為はあなたからグイグイ押すこと。
「遊びで声をかけたのに、勘違いするな!」と思われてしまうでしょう。


ナンパから恋愛に発展するにはその②
付き合うまで体は許さない!
Gisele-Bundchen
出典:http://www.jinclude.com/gossip/5650.html

声をかけてきた男性と良い雰囲気になり、ゴール目前かも…♡
というタイミングで、女性はつい体を許してしまいがちです。
しかし、ナンパから恋愛に発展したい場合この行為は一番NG!
最悪の場合、体を許した直後から音信不通になることもあり得ます。
ナンパをする男性は、「タイプの女性と体の関係を持てればいいや」と思っている人も少なくないです。
良い雰囲気を作って体の関係を持つことが、彼らの最終目標かもしれません!
なのでここが恋愛に発展する・しないの分岐点と言っても過言ではでしょう。
男性に体の関係になれそうでなれない…と思わせて、追わせることが大切♡
会う回数を重ねたり親密な話をして良い雰囲気を作りながら
彼の中であなたを「体目的」から「恋愛対象」にシフトさせていきましょう!


ナンパから恋愛に発展するにはその③
期待はしすぎない!
mv_dbt14
出典:https://www.engcafe.tv/?p=14891

ナンパから出会った場合、期待しすぎないことはかなり重要です。

序盤に述べた通り、ナンパからの恋愛は正直発展しにくいです。
もし声をかけてきた男性が気になったとしても、「所詮ナンパの出会いだ」と
軽く受け止めてあまり期待しないほうが良いでしょう。
しかし、この行為が時に恋愛に発展することもあるのです♡
もしあなたが彼に期待している状態で連絡を取ったり会ったりすると
「一回声をかけただけなのになんだか重い女だな…」と思われるはずです。
「新しい友達が一人増えた♪」くらいのテンションで接するほうが
仲が深まりやすく恋愛に発展する可能性も上がるかも?
男性はあなたの見た目や雰囲気を気に入ってくれていることは確実なので、あとは内面で勝負。
その男性一人に定めるのではなく、他の男性との可能性を探しながら
生活するくらいの余裕があるほうが良いでしょう♪


いかがでしたか?
タイプの男性に声をかけられるとつい浮かれがちになりますが、大切なのは慎重になること!
じっくりしっかり行動して、恋愛に発展させちゃいましょう♡





































カテゴリー