FAKEOUT magazine

赤ちゃんの夏の服装まとめ!肌着は必要?腹巻きや帽子は?

赤ちゃんの夏の服装まとめ!肌着は必要?腹巻きや帽子は?

赤ちゃんは汗っかきなので薄着の方がいいのですが、
あまりにも薄着だと体が冷えてしまわないかと心配になりますよね。
また、夏はクーラーのきいた室内と外の温度差が激しく、
赤ちゃんの体に負担がかかっていないかも気になります。
そこで今回は、赤ちゃんの夏の服装について、
肌着や腹巻、帽子は必要かなどをご紹介します。

 

赤ちゃんの夏の服装は?肌着は必要?

shutterstock_1264159701-480x363

赤ちゃんは大人に比べて体温が高く暑がりなので、
衣服の枚数や厚さは大人より1枚少なめが適当です。
ただし、体温調節機能が未熟なため、
汗で湿った服をそのままにしておくと
体が冷えてしまう恐れがあります。
新生児~生後1、2ヶ月頃の赤ちゃんなら
短肌着&長肌着(もしくはコンビ肌着)、
3ヶ月以降ならロンパースかプレオール1枚、
6ヶ月以降ならボディシャツとボトムを着せてあげましょう。
素材は薄手で吸湿性がよいものを選び、
汗をかいたらこまめに着替えさせてあげると安心です。
あせもができやすいので、きついゴムや肌触りがよくないフリル、
ボタンがついた服は避けるようにしてください。

外出の際、室内はクーラーがよくきいている場合が多く、
室内外で気温差が激しいことから体が急速に冷えてしまいます。
おくるみやブランケット、カーディガン、
レッグウォーマーなど薄手の防寒グッズを1枚準備し、
体温調節を手助けしてあげましょう。
背中を触ってひんやりと冷たいようであれば、
赤ちゃんが寒がっているサインです。

 

夏に赤ちゃんが寝るときは腹巻きをした方がいい?

892975a225a193de1c845956e20c9b33-480x320

赤ちゃんが寝返りをするようになると、
服がはだけてお腹を冷やしてしまわないか心配になりますよね。
また、何度タオルケットをかけても知らない間に
踏み脱いでしまっていることもあります。
クーラーをきかせて寝る場合は、
綿100%の薄手の肌着に腹巻きをプラスすると、
赤ちゃんのお腹を冷えから守ることができますよ。
巻いておくだけなので、スリーパーに比べて嫌がる子が少なく、
夜中にたびたび赤ちゃんの寝相を確認せずにすみます。
ただし、ときどき蒸れていないかを確認し、
湿っているようなら服を交換してあげましょう。
また、汗取りパッドを背中に入れたり、
敷布団にタオルを敷いたりして
汗の吸収されやすい環境をつくってあげるとよく眠ってくれますよ。

 

赤ちゃんの夏の外出に帽子は必要?

d6ad74835796f1bc0f016d7c68ae1b36-480x319

赤ちゃんの肌は大人に比べてデリケートなため、
直射日光によって日焼けだけでなく、
やけどや水ぶくれになってしまうことがあります。
また、子供の頃に受けた紫外線のダメージは蓄積され、
10年以上たってからシワやシミ、免疫力の低下、
皮膚がんなどを引き起こす原因になってしまいます。

外出時には子供用の日焼け止めで肌を守りましょう。
また、長時間外出する場合には、帽子を着用することで
赤ちゃんの顔周りを紫外線から守ることができますよ。
あんよができるようになったら、
紫外線が強くなる5月以降は帽子をかぶせてあげましょう。
ツバが広く、飛びにくいようにゴム紐のついたものがおすすめです。
また、帽子の中は蒸れて汗がたまりやすいので、
こまめに汗を拭き取ってあげましょう。

 

赤ちゃんの夏の服装は薄手のものを選ぼう

1316e5f08ad62b6e5387ddb4241df978-480x320

人間の体温調節機能は、2歳頃までに少しずつ発達するので、
それまではこまめに体調管理をしてあげる必要があります。
また、赤ちゃんは汗をかきやすいので、
あせも対策も行わなければならず、
気疲れしてしまうこともあるかもしれません。
ただ、エアコンの温度を27度前後にする、
服の素材を吸湿性の高いものにするなど、
ちょっとした工夫で赤ちゃんに
快適な環境をつくってあげることができますよ。
あまり気にし過ぎるとママのストレスがたまってしまうので、
スキンシップの一環として赤ちゃんの肌に触れながら、
楽しく暑い夏を乗りきれるといいですね。





































カテゴリー