FAKEOUT magazine

救急車利用者の半分は軽傷者。一部の理由は酷過ぎるだろ。

救急車利用者の半分は軽傷者。一部の理由は酷過ぎるだろ。

急なケガや病気の際に利用する救急車ですが、政府の審議会で軽症患者の救急車利用の有料化が提案されました。

現在、救急車の出動件数は過去最多の590万件。10年前に比べて約22%も増加しており、救急搬送者も過去最多の534万人で、半分近くを軽症患者が占めているようです。

 

本当に必要な人のため、自分で病院に行ける場合は、他の交通機関を利用するのが当たり前と思っていましたが、救急車を呼んだ人の中には

「ゴキブリを見て不安になったから」

「診察時間に間に合わないから」

「病院の待ち時間がイヤなので」

「途中でコンビニに寄ってほしい」

 

など呆れてしまう理由が。。

一部の人達の行動で、全体が首を絞められてしまいそうですね。。

マナーがルールになる前に、自分達でどうにかしたいですね。

 

 





































カテゴリー