FAKEOUT magazine

2014年トレンドNEWS!今年絶対流行るビキニ集!

2014年トレンドNEWS!今年絶対流行るビキニ集!

今年も熱い季節がやってきた!

大胆に肌を露出し開放的な気分になる季節、

“夏”

そんな夏を楽しむためにみんなが激しい戦いを見せるのが

水着!

たった2ヶ月弱という短い夏、毎週海やプールのレジャーを楽しむ方も多いと思います!

水着で個性を出す女の子も多いでしょう!

203907453123825505_5e6a74b340b9

ワオ。たまらん。

 

だけど、どんな水着を買おうか悩んでいる。。。

そんなあなたのために今年流行るであろう水着をまとめて、去年と比較してみました!

 

まずは去年のおさらいから!

 

normal

 

去年は“バンドゥ”タイプがトレンドでしたが、統計を見ると、三角ブラタイプもワイヤーホルタータイプの水着も、

まんべんなく人気でしたが、どんなタイプにも“フリルのヒラヒラ”がついたモノが大変多かったです!

m_a08f88241c72298b1f422164368a9c944bc76ac8

ブラジャーは、

「カップ全体を3段のフリルで覆う」ものや、

「ワイヤーホルターの胸元をヒラヒラで飾る」タイプが目につく。

パンツは、

「ゴムの辺りにヒラヒラがぐるーっと一周」していたり、

「パンツ全体にヒラヒラが何段も付いて」いたり。スカートは「全体がヒラヒラの段々のモノ」

等ファッション性のある水着や女の子が好きな感じが多く感じました!

 

 

果たして、2014年はどんな“カタチ”がトレンドのキーワードとなっているのでしょうか!?

 

 

人気のヒラヒラは、2014年新作水着にも新たな色と柄で人気は健在!

フリルは、服でも水着でも雑貨でも、「見た目を今以上にかわいくする」テッパンの演出をしてくれる!

PEAKPINE

さらに女子のワガママを叶える3大キーワードが!

「コスパ」 「上下別売り」 「体型カバー」

 

コスパとは永遠のライバル。

そんなコスパを下げる事で、安く済ますのでは無く、

値段を下げて1個では無く夏に何パターンかの水着を選んで楽しんでもらおうという狙いだ!

 

水着の上下別売りは私も初めて聞きましたが、

今年のトレンドでは、

 

ブラはシンプルな黒バンドゥ、ボトムはちょっぴり派手なトロピカル柄や花柄といった上下別々のセレクトで周りと差を付けたりするのも乙なわけです!
wr50005-2

 

そんなトレンド水着でも、

今年のトレンドの“カタチ”で代表格は、

おへそまで隠れる大きめショーツが特徴の「ハイウエスト」タイプ。

 

3

bdbg

8130016c384c2a3dfc4677e8a8501d01cfade502

 

日常のファッションの中でも、ショート丈トップス×ハイウエストボトムのファッションが定番となる中で、

水着にもその波はどんどんキテいる!

女性らしい、

ボン!

キュッ!!

ボン!!!

normal

フォーーーーーーウ!!!!

 

そう!ボンキュッボンのボディラインを際立たせながらぽっこり下腹をカバーでき、スタイルアップ効果は抜群!

海外セレブの間でハイウエスト水着に火がつき、今季日本でも感度の高いブランドは多く取り入れています!

バンドゥに続くブームの兆しアリ!

 

そんなハイウェストビキニは“カタチ”で人気ですが、

もう一つのキーワードである、

“体計画カバー”

 

そんな悩みを、巧みなレイヤードを提案してカバーしてくれるのです!!

自然にバストをボリュームアップできるヌーブラパッド内蔵のビキニや、

A-0114-1

デイリー使いもOKのオールインワンタイプ、太ももをカバーするフレアショーパンなど、

af2e20d7c5391e7d6dd26583c614be79df622b24 b3d9faef4bb3431b01d53db755d0fda106633316

最旬水着は体型カバーもお手の物。

シンプルなビキニにレースのキャミソール×ショーツをレイヤードすれば、ムッチリ感をカバーしながらセクシーさも醸し出すことができる。

417667-01

 

 

 

もう今年も可愛いのが多くて悩んじゃいます!

ですが、

コレでもう2014年のトレンドは分かったはず!!

男ウケか!?トレンドか!体型カバーか!?

私のような男は断然!!

肌の露出面積は多いに越したことはありません!!

そんな事は置いといて、

 

今年はどの水着でバカンスを過ごすのか、考えているのも楽しいですね!

 

 

 

 

 

 





































カテゴリー