FAKEOUT magazine

「好きな人いる?」にドキドキさせる返答4つ!

「好きな人いる?」にドキドキさせる返答4つ!

「いま、好きな人いる?」という気になる彼からの質問に、みなさんだったらどうリアクションしますか? この質問をされるということは、きっと彼はあなたのことが気になっている証拠♡ これは自分の気持ちを伝えるチャンス! だけど、自分から言うのはちょっと…という人に、「好き」という言葉を使わずに気持ちを伝えるテクニックを教えます♡
「好きな人いる?」への対応その①
「うん!いるよ!」と彼にわざと気付かせちゃいましょう♡
face_personality

出典:http://www.okwave.com/ja/culturezine/questionnaires/6/1260

「好きな人いるの?」と聞かれたら「うん!いるよ!」とまず認めちゃってください。
その後がポイント♡これに続けて、彼のことを盛り込んだ話をするのです。
もし彼が少し前に風邪を引いていたとしたら… 『うん!いるよ!
でも…いつも忙しそうで心配。一生懸命な人だから頑張り過ぎちゃってよく風邪引く人でさー。
本当は傍で支えてあげたいんだけどね…』 というような感じで、「うん!いるよ!」の返事の後に、
彼だと分かりそうな話題を盛り込んで、わざと意識させるんです♡
この方法を使う場合、バレバレなくらいでOK!
「もしかして…。」と思うと、彼はあなたのことを絶対に意識し始めるはず!
彼に自分の気持ちをわざと気付かせて、彼が告白してくれるきっかけを引き出しちゃおう♡


「好きな人いる?」への対応その②
“間”を使ったテクニシャンになろう♡
caia-jewels-by-chiara-ferragni-8
出典:http://mery.jp/tag/36
「今、好きな人いるの?」この質問が来たらまず、恥ずかしそうにうつむくか、少し驚いた表情をして目をそらします!その後、彼の目をじーっと見つめて♡この時言葉は入りません。

ただ見つめるのです。 少し“間”をおいたら「にこっ♡」とスマイルでOK! 彼があなたに好意を持っているのであればこの時間、とんでもなくドキドキしてるはず。
この後は彼のリアクション次第!
「なんだよー!」って感じできたら、そのまま少し「にこにこ」してみて
「○○くんはいるの?」と逆質問してみるのもあり!
前段階のあなたのリアクションで、「もしかしたら俺のこと……好きって思ってくれてるかも!?」と
彼に思わせることができているので、少し自信の付いた彼が行動を起こしてくれるかもしれません♡
とにかく“間”が大事!
うまく使って彼の恋愛スイッチを「ON」にしちゃいましょう!


「好きな人いる?」への対応その③
恥ずかしがって胸キュンさせちゃいましょう♡
shutterstock_201557546-e1430136269373
出典:http://tabippo.net/couple_trip/

恥ずかしそうにする女性に男性は弱いです。
気になる女性が目の前でそんな姿を見せたら胸キュン間違いなし♡
これも言葉じゃなくて目で語るテクニック。
うなずくだけでOKです! 「好きな人とかいるの?」の質問の後「えっ!?」と少し驚いて
「何いきなりー!」と照れながら顔を両手で隠すのもキュンポイント♡
これ、意外と効果的なんです! そしてその後顔を上げて、彼の目を見つめながらうなずきましょう。
ハッキリ言葉にしなくても、恥ずかしそうに相手の目を見てうなずくだけで、気持ちはしっかり伝わりますよ♡
いつも恥ずかしがるタイプじゃない人こそ効果絶大!
男性だってギャップに弱いのです♡


「好きな人いる?」への対応その④
思いっきりドキドキさせちゃいましょう♡
original
出典:http://slism.net/love/back-of-the-face.htmlhttp://mery.jp/104904

これは①から③のようなアクションの後にも使えます。
「気になるじゃん!誰なのー??」と聞かれたら……
「内緒!○○くんだけには絶対教えない!」と笑顔で答えましょう♡
「自分にだけは教えない」と、何でそう言ったのか。
彼はその言葉の真意が気になって仕方ないはず♡
ここで「○○くんこそ、好きな人いるの?」と逆質問してみてもいいかも。
あなたの気持ちが知りたくて仕方ない彼が「俺は○○が好きだよ」と言ってくれるかもしれません♡


せっかくなら彼から告白して欲しい。
けどなかなか関係が発展しないとモヤモヤしていたらぜひ試してみて♪
一歩を踏み出せない彼の背中を押して、素敵な展開を作っちゃいましょう!
男性にもタイプはいろいろあるし、2人の関係性にもよるので、どれが効果的か想像しながら使ってみてくださいね♡





































カテゴリー