FAKEOUT magazine

うつ病の原因が判明。改善に向けての方法も!!

うつ病の原因が判明。改善に向けての方法も!!

うつ病で苦しむ方も多くいると思いますが、近ごろスタンフォードから出た論文によると、うつ病の原因と、改善案が判明したようです。

 

これは、38名の男女を対象にした実験で、まずはアンケートと脳スキャンで全員の「反すう思考」をチェック。

反すう思考は、うつ病の一番の原因と言われています。

「反すうとは、牛が胃から草を口にもどして何度もクチャクチャ噛む行為を指しますが、うつ病や不安症の「反すう」は、自分の欠点や過去の失敗を何度もイジイジと考え続けることを意味しています。この傾向が強い人ほど抑うつや不安に苦しみやすいのは、いろんなデータでもハッキリ出てるようです。

このように、過去の失敗などを繰り返し考えることで、ネガティブ思考が強くなり、鬱状態になっていくようです。

 

しかし、全員の「反すう思考」レベルを調べたあとで、90分ほど自然のなかを歩いてもらうと、大半の人が、散歩中に「反すう思考」の回数が減りまして、前頭前野の活動も低下していた(≒あまり悩まなくなった)ようです。

研究者いわく、「今回の結果により、自然がメンタルヘルスを改善する仕組みがあきらかになった。都市部においても、できるだけ自然と触れ合える環境を作ることは、メンタルヘルスにおいて最重要な課題になるかもしれない」とのこと。

一概にこれをすれば良いという訳ではないと思いますが、苦しんでいる方などは、一度でよいので、試してみてはいかがでしょうか?

もし、何も効果がなくても、その時は、別の方法を考えていきましょう。

 





































カテゴリー