FAKEOUT magazine

全てが変化球!AB型男子と上手く付き合う4つのポイント!

全てが変化球!AB型男子と上手く付き合う4つのポイント!

AB型の人は一般的に”変わっている”とよく言われますよね。
性別が異なるだけで男女の性質はかなり異なるのに、そのミステリアスなAB型の相手を
好きになってしまったらどうすれば良いか分からない!
そんな女子のために、今回はAB型男子と恋愛をする上でのポイントを紹介!
AB型男子と付き合うポイントその①
“ミステリアス”な彼は愛情表現も斜め上?

c889201082381b1092a40017dc51f467
出典:http://pleure.net/love/134026/

AB型男子によく言われることは”ミステリアス”な性格であること。
人によっては”変わり者なのかな”と感じる人もいます。
そのため、恋愛においても予想の斜め上の行動を起こしてくる時もあります‼
AB型男子は愛情表現がちょっとだけ独特であったり、唐突にビックリする発言をしたり…と
私たちが首を傾げるようなことが多々あるかも。
だからこそ、彼の考えていることが分からない…と悩んでしまう女子もいるかもしれません。
最初こそ、あれこれ気にしてしまうかもしれませんが、一番大切なことは「広い心を持つこと」!
AB型男子の予想外の言動に対しても「また何か言ってるなぁ」
「これも彼なりの愛情表現なんだなぁ」というように広い心で接してあげてください♡
困ることばかりではなく、彼の突拍子もない言動で笑顔になることもたくさんあるはずです!


AB型男子と付き合うポイントその②
“気分屋”の彼には落ち着いた対応を!
6756067599_a17a5d3ccb_z-599x399
出典:http://magazine.campus-web.jp/archives/229715
AB型男子は”気分屋”であるともよく言われています。
感受性の強いAB型男子は、少し前までは楽しそうだったのに
もう不機嫌になってる…なんてことがあったりしませんか?
そんなとき、あなたも彼の感情の起伏に合わせていたら喧嘩につながってしまいますよ!
例えば彼がいきなり「え、不機嫌なのかな?」って思う行動をしても
「いきなり何!?」とイライラするのではなく「また拗ねちゃったよぉ~」くらいに思うようにしましょう♪
決して流されることなく、冷静に落ち着いた態度で対応するように。
でもね、感受性が強いということは、あなたの愛情表現も心に届きやすいということでもあるのです♡
だからこそ、あなたは王道でストレートな愛情表現をしてあげましょう♡


AB型男子と付き合うポイントその③
“マイペース”な彼に束縛は厳禁!
9a3fc64ab54e03c97d6199ad8e40e8a6
出典:http://www.pairs.lv/philosophy_of_love/1263/

AB型の性格として”マイペース”な部分もあります。
「自分のペースや世界は他人に崩されたくない」という思いが強いため
LINEやメールの返信がすぐに来なかったり会う頻度が少なかったり…なんてことはよくあること♪
そんなマイペースな彼を束縛してしまうと、一気に嫌がられることになるかも?
AB型男子と付き合うときは、お互い自分の時間を大切にすることを心がけて付き合うようにしましょうね。
彼のペースに完全に合わせることはありませんが
あなたの思い通りの付き合いができないこともあるかもしれません。
むしろ、思い通りにならないのはどのカップルも同じなのかも。
焦らずじっくり、徐々に二人の愛を深めていくことをオススメします♡


AB型男子と付き合うポイントその④
“素直”な彼にはストレート勝負♡
a0fc2fa2c20d322eb8da6e7dc504f1d0
出典:http://love-to-all.jp/abgatadanshi0517/

AB型男子は素直な性格も持ちます。
素直な性格であるということは、自分の良いと思うことにはとことんのめり込んで
嫌だと思ったことにはとことん興味を示さないということ。
そのため、AB型男子に嫉妬をさせたり焦らしてみるのはNG!駆け引きなんて通用しません。
「面倒くさい」と思われてしまったら終わりですからね。

でも少し挙げましたが、AB型男子にはストレートな愛情表現をすることをオススメします♡
あなたがしっかり愛情表現をしてあげれば、素直な気持ちで受け取ってくれるはず。
彼が興味を持っていることに対しては、全力で応援してあげるのも効果的♡


血液型ひとつでも、人の性格は変わってくるもの。
ですが、ここで挙げたものはあくまで特徴でしかありません。
それぞれ相手の性格を理解し、恋愛に発展させちゃいましょう♡





































カテゴリー