FAKEOUT magazine

赤ちゃんが蚊に刺されたら?蚊取り線香やベープで蚊除けだけでは逆に危険?

赤ちゃんが蚊に刺されたら?蚊取り線香やベープで蚊除けだけでは逆に危険?

夏が近づいてくると、気になるのが「蚊」の存在ですよね。
赤ちゃんが生まれて初めての夏を迎えるご家庭では、
赤ちゃんが蚊に刺されたらと気が気でないのでは?
でも、市販の蚊取り線香などの虫除けを使うのは、
赤ちゃんへの影響が気になりますよね。
そこで今回は、赤ちゃんがいる家庭でできる蚊除け対策をご説明します。

蚊に刺されやすい赤ちゃんには蚊よけ対策を!

shutterstock_50844778-480x325

赤ちゃんのためにも、夏場の虫除け対策は大切です。
少しくらい蚊に刺されても大丈夫でしょ?と思うかもしれませんが、
赤ちゃんは外からの刺激に敏感で虫刺されの経験もないため、
蚊に刺されると過剰に反応します。
大人に比べて腫れやすく、水泡などができる可能性があります。
また、かゆみが出ると赤ちゃんは自分で掻き壊してしまって、
感染症の「とびひ」を引き起こす場合があるのです。

蚊は二酸化炭素の排出量や体温の高さ、
汗に含まれる成分などに反応して、血を吸う対象を選んでいます。
赤ちゃんは大人よりも呼吸の回数が多く、
体温が高く、汗も多くかくので蚊に刺されやすい対象です。
赤ちゃんのためにも、蚊よけ対策を充実させましょう。
蚊取り線香やベープ、アースノーマットは赤ちゃんがいても大丈夫?

shutterstock_126020345-480x352

蚊よけグッズは色々ありますが、
赤ちゃんがいるなかで使って大丈夫なのか気になりますよね。
そこで、蚊除けのタイプ別で使えるのかどうかを確認しましょう。

蚊取り線香

昔から蚊の対策として最もポピュラーですよね。
蚊取り線香は「除虫菊」というキク科の花を原料としており
、人体には無害とされているので安心して使用できますよ。
しかし、直接煙を吸い込んでしまうと目やノドの粘膜を刺激するので、
赤ちゃんの近くでは焚かないようにしてください。
手の届くところに置いておくと、
間違えて食べてしまう可能性もあるので置く場所には注意しましょう。

殺虫剤(ベープやアースノーマットなど)

電気で焚くタイプの「ベープ」や「アースノーマット」は、
基本的には赤ちゃんがいる家庭で使っても問題はありません。
メーカーサイトも「乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫」としています。
ただし殺虫剤ではあるので、
「閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください」とも
併記されているので換気を忘れないでくださいね。
「おすだけノーマット」「おすだけベープ」など、
ワンプッシュで殺虫剤を散布するタイプも、乳児がいても使用できます。
ただし、「薬剤を直接吸い込まないように、噴射の際は噴射する人以外の入室を避けてください」
との注意事項があるので、使用する場合は赤ちゃんを一度別の部屋に移しましょう。

肌に直接つける虫除け

肌に直接「塗る」タイプの虫除けは注意が必要です。
市販の虫除けには赤ちゃんの敏感な肌にはおすすめできない成分が入っているものがあるので、
オーガニック成分のものを選ぶようにしてください。
また、「シトロネラ」「ユーカリ」「ペパーミント」
など虫が嫌う香りを発するエッセンシャルオイルがあるので、
エッセンシャルオイルをスプレーで吹きかけるのも蚊除け効果があります。
子供の肌に直接触れるものは自然由来のものを選ぶようにしましょう。

物理的な蚊対策で赤ちゃんを守る!

人体に悪影響はないとしても、
殺虫効果のあるものを使うのは気が引けるという方は、
物理的な蚊対策を徹底しましょう。
昔から使われる蚊帳は風通しもよく、
蚊を寄せ付けないので赤ちゃんを寝かせている部屋につけることをおすすめします。
また、家の周りで蚊を発生させないために、
生い茂った雑草や水溜りなど蚊が好む場所を取り除いておきたいですね。

 

赤ちゃんが蚊に刺されたら?刺された後のケアも大切に

shutterstock_43354387-480x360

蚊除けを徹底しても、蚊に刺されてしまうことはあります。
蚊に刺されて患部が赤く腫れているようなら
水で洗って濡れタオルで冷やしてあげてください。
かゆみが治まるので掻きむしるのを予防できます。
患部が大きく腫れあがる場合や、
赤ちゃんが痛そうにする場合は、念のため皮膚科を受診して、
赤ちゃんでも使える塗り薬を処方してもらいましょう。
蚊に刺されてかゆみが出ると赤ちゃんがぐずってしまう原因にもなります。
夏場はきちんと蚊除け対策に取り組んで、赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。





































カテゴリー