FAKEOUT magazine

サッカー日本代表“長友”男泣きに隠されたメッセージとは?

time 2014/06/26

サッカー日本代表“長友”男泣きに隠されたメッセージとは?

試合終了後、

男泣きを隠すように何も語らず無言で会見場を去ってしまったサッカー日本代表DFの長友佑都(27)。

悔し涙のその先にある思いとは。

会見の様子

個人のブログにて、その思いを語っています。

日本時間25日午後に自身のブログを更新し、

「すべての批判を受け止めます。」

「必ず成長します。」

などと記し、今後への決意を表明した。

以下はブログに掲載されたメッセージの全文。
f4e74a2728284893a627850568d90298-539x640 

==========

『W杯を終えて』

みなさん応援ありがとうございました。

試合後、頭が真っ白で話すことが出来ず、少しの時間がたって落ち着いた今、みなさんに自分の思いを伝えたいと思います。

自分の中にある一番大きな気持ちは、本当に申し訳ない気持ちです。
応援して下さった人、支えて下さった人たちに最高の結果で恩返ししたかったです。

この4年間、自分たちがやってきた準備に対しての悔いはありません。

でもこれだけ最高の仲間、スタッフと結果を残せなかったことは正直悔しいの一言です。4年間みんなで力を合わせ、辛い時も、苦しい時も、一緒に乗り越えてきました。それがこんな儚く一瞬で終わってしまうなんて。

すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした。

批判してくれる人は自分を成長させてくれます。
そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します。応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています。

長友佑都

==========

日本代表選手も決して手を抜いていた訳では無い。

必死に精いっぱい戦った末のこの結果なのだ。

結果に関しては納得できないかもしれないが、それは真摯に心に受け止めて、

これから頑張ってほしい!

クラブチームでも、また招集された際にも。。。

 

日本の代表選手という重圧の中ブラジルに飛び立ち、戦う勇気に僕私はまず拍手をしたい。

プレーは未熟かもしれないが、私は彼らの勇気ある姿に満足です。

悔しい思いをしましたが、4年後また僕は応援します。

悔しい思いをした日本の子供たちが将来かたき討ちしてくれる事を楽しみに思いますね。

 

日本代表選手お疲れ様でした!

 





































カテゴリー