FAKEOUT magazine

サッカー日本代表、“ザッケローニ監督” 退任を表明。

サッカー日本代表、“ザッケローニ監督” 退任を表明。

NHKの報道によると、26日未明(日本時間)、サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督はブラジル・イトゥで会見し、ワールドカップを最後に代表監督を退任する意向を明らかにした。

ザッケローニ監督は会見で、

「ワールドカップに臨むうえで自信はあったが、思うような戦いができず、結果が出なかった」

「責任はすべて私が取りたい」

「日本代表に足りないものを新しい監督が埋め合わせてくれる」

などと述べた。

 

後任は未定で、日本サッカー協会は、今年9月に予定されている日本代表の次戦までに選びたいとしている。

イタリア人のザッケローニ監督は、2010年の前回W杯南アフリカ大会後に就任。

11年のアジア杯を制覇し、W杯ブラジル大会アジア予選を勝ち抜いて、日本を5度目の本大会出場に導いた。

しかし、ブラジル大会では24日のコロンビア戦に1―4で敗れるなど、C組最下位に終わった。

ザッケローニ監督は25日朝、日本協会の大仁邦弥会長らと話し合って退任を決め、昼食時に選手たちに伝えたという。

監督は「新しい監督が新しい文化を持ってくることが必要。私にとって充実感と感動にあふれる4年間だった」と語った。

厳しい勝負の世界、誰も悪くないと私は思うのですが、

ザッケローニ監督は次の世代の監督にバトンを渡したのですね。

9047b5fa

ありがとう!ザックジャパン!





































カテゴリー