FAKEOUT magazine

離乳食の卵(卵黄・卵白)はいつから?進め方のコツと注意点

離乳食の卵(卵黄・卵白)はいつから?進め方のコツと注意点

離乳食をはじめてしばらくして、食べられるものの種類が増えてくると、
アレルギーが心配な食品を徐々に試していくというステップに移ります。
特にアレルギーが出やすい卵には、なかなか手を出せないママも多いのではないのでしょうか。
今回は、離乳食期の卵をいつから与えて良いのか、その進め方や注意点についてまとめました。

離乳食期の卵の進め方

eggs-356107_1280-480x480-480x320

食品の中でも、特にアレルギー反応が出やすく、心配されるのが卵です。
その反面、栄養価が高く、手軽に料理できることから、
赤ちゃんが食べられるものなら食べさせてあげたい食品でもあります。
そんな卵の与え方、進め方には、いくつかの注意点があります。
また、卵黄と卵白では与え始める時期も違いますので、詳しくみていきましょう。

 

赤ちゃんの卵はいつから?進め方は?

shutterstock_71313004-480x320

卵には、卵黄と卵白がありますが、それぞれ離乳食に使える時期が違います。
消化の悪い卵白の方がアレルギー反応が出やすいので、
まずは卵黄だけを与え、様子を見ることが進め方のコツです。

卵黄

● 開始時期:生後7~8ヶ月頃(生後5~6ヶ月から離乳食スタートした場合)
● 調理方法:固ゆで卵
● 量の目安:最初は耳かき一杯程度から

卵白

● 開始時期:卵黄が食べられるようになってから1~2ヶ月後
● 調理方法:固ゆで卵
● 量の目安:最初は耳かき一杯程度から

卵黄も卵白も、最初に与えるときは固ゆでにし、
こし網でこした物を白湯やスープに混ぜて与えてあげてください。
1日~2日様子を見て、下痢や嘔吐、湿疹などの問題なければ、
ひとさじ程度に増やしてみましょう。

 

離乳食で卵を赤ちゃんに与えるときの注意点は?

89b75b0d9f9c091477b3368f0e2069e0-480x320
卵は完全に火を通しましょう

全卵が食べられるようになったからといって、半熟卵をまるごと与えてはいけません。
半熟卵など、完全に火の通っていない卵が食べられるようになるのは、1歳を過ぎてから。
それまでは必ず完全に火を通しましょう。
卵にはサルモネラ菌が混入している場合もあるので、
アレルギーだけでなく、食中毒の予防にもなります。

最初に与えるときは、平日の午前中に

卵だけでなく、離乳食全般に言えることですが、初めて与えるときは平日の午前中にしましょう。
これは、朝食べた卵のアレルギー症状が、病院の診療時間内に出るようにと考えてのことです。
もちろん、かかりつけ医の診察時間や移動手段が
確保できるか否かによっては、与える時間を変える必要があります。

続けて卵ばかり与えない

卵を毎日与え続けるのはよくありません。
偏った離乳食はアレルギーの原因になるだけでなく栄養の偏りも気になります。
1回あげたら、2、3日休んでを繰り返しましょう。

市販のベビーフードやおやつに気を付けて

はじめて卵を与える前に、市販のベビーフードや赤ちゃん用のおやつを与える際は、
原料に卵が入っていないかどうか必ず確認しましょう。
特に、原材料は卵黄のみの使用でも、
製造過程でどうしても少量の卵白が混じってしまう場合もあります。
卵黄入りのおやつやベビーフードの使用は、
全卵が食べられるようになってからにした方が安心です。

卵で離乳食の幅を広げよう
離乳食に卵を使えるようになると、料理のレパートリーが広がりますよね。
ただし、無理は禁物です。0歳代のうちは必ず火を通して与え、
1歳を過ぎてから、少しずつ食べられる料理を増やしていきましょう。





































カテゴリー