FAKEOUT magazine

まだ間に合う!?今が旬のアレでダイエット!

time 2014/06/26

まだ間に合う!?今が旬のアレでダイエット!

肌の露出が多くなるこの季節。

男女問わず体を引き締めたいと願う人は多いはず。

そんなダイエットに欠かせない食材をご紹介します!

その欠かせないモノとは、

“夏野菜”

野菜はダイエットには欠かせないもの。特に「夏野菜」には、痩せる栄養素がたくさん含まれています。

そこで今回は、痩せ体質を作る「夏野菜」を5つご紹介します。

1.赤ピーマン

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

赤ピーマンは、緑ピーマンの熟したもの。「カプサイシン」という成分に抗酸化作用があり、生活習慣病を予防し、ダイエットにも効果的です。また、緑ピーマンよりも、若返りのビタミン「ビタミンE」が8倍、眼精疲労に効く「Β―カロテン」が3倍も含まれています。食べるなら、緑ピーマンより赤ピーマンです。中華風の炒め物にすると美味しいですよ。

 

 

2.レタス

A5ECA5BFA5B9

 

レタスの95%は水分。栄養価は少ないですが「カリウム」が豊富で、体の余計な塩分を排出してくれます。また「ラクッコピコリン」と呼ばれる成分が、睡眠を促すとされています。真夜中にアイスやお菓子を食べてしまう人は、夕飯にたっぷりの「レタスサラダ」を食べましょう。ぐっすり眠れますよ。

 

 

3.トマト

shutterstock_22019500

 

トマトの赤みは「リコピン」によるもの。抗酸化作用があり、ガン、高血圧、動脈硬化を予防する働きがあります。また、脂肪を燃焼する効果もあるので、ダイエットにピッタリ。「リコピン」は、オリーブオイルを一緒に摂ると、吸収率が良くなるといわれています。トマトサラダや、オイルベースのトマトスパゲッティにして楽しみましょう。

 

 

4.オクラ

img55960379

 

 

オクラのネバネバは、「ムチン」や「ペクチン」と呼ばれる食物繊維です。食べれば、便秘に効果的。また、骨を強くする「カルシウム」や、貧血を予防する「鉄分」も豊富です。エジプトでは紀元前から食べられており、栄養価の高い夏野菜とされています。茹でたものを、醤油や鰹節と和えると、美味しいですよ。

 

 

5.ゴーヤ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ゴーヤの苦みは「ククルビタシン」によるもので、ストレスを軽減させてくれる効果があります。ストレスはダイエットの大敵ですので、夏には欠かせない野菜ですよ。また「ビタミンC」が豊富で、夏に収穫されたものは、通常の2倍近くの含有量になります。「リン」「マンガン」も含まれており、骨を丈夫にさせてくれます。ゴーヤは、定番の「チャンプルー」にしてもいいですし、佃煮にしても美味しいですよ。

 

 

いかがでしたか?

まだ駆け込みセーフです!

適度な運動と、健康的な今が旬の美味しい「夏野菜」を沢山食べて、憧れのボディをゲットしましょう!!

 

miranda-kerr-swim-0310-

 





































カテゴリー