FAKEOUT magazine

1歳児の室内遊び・外遊びまとめ!1歳半や雨の日のおすすめは?

1歳児の室内遊び・外遊びまとめ!1歳半や雨の日のおすすめは?

1歳は成長のスピードと体力の向上がめざましく、
1歳2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月…と月齢を重ねるごとに好奇心が増す時期です。
今回は、1歳児にぴったりの室内・屋外遊びをご紹介します。
いろいろ試してみて、子供にあった遊びを見つけましょう。

1歳児の遊びで重視したいポイント

shutterstock_213518824-480x360

細切れの寝起きを繰り返していた0歳のころに比べて
生活リズムが固まり、1歳になると多くの子がひと晩まとめて
睡眠+お昼寝1回というスタイルになります。
1回に起きていられる時間が長くなるということは、
体力もぐっと向上するということ。
そのため、昼間にしっかり遊ばないと体力が余って
夜寝てくれないという問題もでてきます。

体力だけでなく手指の細かい動きや運動能力、
そして好奇心・探究心がどんどん発達する時期でもあります。
いたずらが増えてパパやママは大変ですが、
大人にとってはつまらないものでも1歳児にとっては、
世界は研究すべき未知のもので溢れているのです。
また、大人やお友達の何気ない
動作をマネしたがることもしょっちゅうです。
危険のない範囲で、いろいろな物事を観察・経験させてあげましょう。

1歳児におすすめ!心と体を育む屋外遊び

shutterstock_214821484-480x319

天気と気候がよければ、1日1回はお外に出かけるのがベストです。
1歳になりたてでまだうまく歩けなくても、
ベビーカーに乗せて近所を散歩したり公園に行ったりするだけでも、
良い刺激になります。

ベビーカー・抱っこのままで草木や小石に触れ、
砂場のアリにじっと見入り、汚れてもいい格好で砂場に座り、
公園で会った他の子と遊び…外の刺激を経験することは、
言葉の発達にも役立ちます。
暑い時期なら、安全な場所での水遊びも楽しいですね。

1歳半を過ぎると、
ママの手を離れて少し遠くまで走る
ボールを投げる・階段を上り下りする・両足でジャンプなど、
さまざまな動作ができるようになります。
近くで見ていないと危ないのでママは大変ですが、
夜ぐっすり寝かせるためにも気長に付き合ってあげましょう。

近くに公園がない場合は、保育園・幼稚園の園庭解放などもおすすめです。

1歳児におすすめ!心と体を育む室内遊び

pastels-212303_1280-480x320

雨の日など、屋外遊びが難しいときは、室内遊びを工夫しましょう。
児童館や支援センターなど屋内型施設に
連れて行くのもおすすめですが、
体調がよくなかったりパパ・ママが忙しかったりと、
それもなかなか難しいときもありますよね。
だからといって、おもちゃをたくさん買い込まなくても、
おうち遊びは工夫次第でいくらでも創り出せます。

身体を動かして遊ぶ

追いかけっこやかくれんぼ、
柔らかいボールや風船投げなどがおすすめです。
大きな遊具を無理に買わなくても、
クッションや畳んだ布団・ダンボールなどを積み重ねたり
トンネル状にしたりした「簡易アスレチック」でも十分遊べます。
幼児用の教育番組やDVDを観ながら、
ダンスや手遊びをするのもいいですね。
家の中で身体を使って遊ぶときは、
パズルマットやカーペットなどで転倒・騒音対策をすると安心です。

手指を使って遊ぶ

お絵かきやパズル・積み木・粘土などがおすすめです。たとえば積み木ひとつとっても、積み上げられた積み木を崩す→自分で何個か積む→お城などに見立てた形を作る…というように発達の度合いによってさまざまな遊びを楽しみます。

薄い紙を上手にめくれるようになるので、
いらない紙をびりびり破くのもおすすめです。
後片付けが大変ですが、
ママのストレス解消にもいいかもしれませんね。
いたずら欲求を満たすなら、
古い携帯電話・期限切れカード類を詰めた
古い財布などをおもちゃにしてあげると喜びますよ。

親子でめいっぱい遊んで、濃密な関係を築きましょう

a99c637d46cfc453f4201d8c_640_baby1-480x320

個性にもよりますが、
多くの1歳児はまだ一人遊びよりもパパ・ママと遊びたがるもの。
パパ・ママにとってお子さんの遊びに付き合うのは
疲れることもあると思いますが、
ここまで濃密な親子の時間を過ごせるのはごくわずかな間だけです。
あとになって「もっと遊んでおけばよかった」と後悔しないよう、
全力で遊んであげたいですね。





































カテゴリー