FAKEOUT magazine

チャイルドシートの義務年齢は何歳?免除はあるの?違反は罰金?

チャイルドシートの義務年齢は何歳?免除はあるの?違反は罰金?

子供をつれて車で移動する際、チャイルドシートを使っていると思います。法律で義務付けられているから当たり前と思うかもしれませんが、具体的な法律の中身についてはどこまでご存知ですか?何歳までチャイルドシートに乗せるのか、新生児を乗せても危なくないのか、どんなときに義務が免除されるのか、違反したら罰金があるのかなど、様々な疑問が出てくると思います。そこで今回は、チャイルドシート着用義務を定めた法律について気になる点をまとめました。

 

チャイルドシートの義務年齢は何歳?

shutterstock_244638877-480x320

平成12年4月に道路交通法が改正され、チャイルドシートの着用が義務付けられています。赤ちゃんは大人のように自分の身を自分で守ることができないので、安全性を確保するために導入されました。

法律では6歳未満の子供は全員、車に乗る際にチャイルドシートを使用しなければなりません。ただ、6歳を超えても身長が140cm未満であればチャイルドシートを継続しましょう。シートベルトは140cm以上の体型を対象に作られたものなので、140cm未満の子供が使用すると万が一のときに首の骨や内臓を傷つけてしまう危険性があるからです。

 

新生児もチャイルドシートは必要なの?

53e1b5ff4307aa76d19a15f70105412c-480x320

新生児からチャイルドシートの使用義務があります。体が未熟な新生児の赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるのは不安もあるかもしれません。しかし、新生児を抱っこしているよりもチャイルドシートに乗せているほうが安全です。首も腰も据わっていない6ヶ月未満の赤ちゃんが自然な姿勢で横になれるベッド型のチャイルドシートがあるので、年齢にあわせたチャイルドシートを選んでくださいね。

チャイルドシートを使わなかったら法律違反?罰金は?

6歳未満の子供がチャイルドシートを使用しなければ、当然法律違反になります。違反をすると、違反点数が1点加算されますが、罰金は発生しません。なかには、短時間の移動やちょっとした距離の移動の際に「違反しても点数だけなら大丈夫かな…」と安易に考えてしまう方もいるかもしれませんが、チャイルドシートは子供の安全を確保するためのものです。万が一に備えて、必ず使用してくださいね。

 

チャイルドシートの義務が免除されることもある?

shutterstock_126020345-480x352

6歳未満の子供すべてに着用義務がありますが、以下の場合は着用義務が免除されます(※1)。

● 車の構造上、座席にチャイルドシートを固定できない(幼児専用の座席になっている幼稚園や保育園の送迎バスなど)
● 車に可能な限りのチャイルドシートを設置しても、乗車する子供の人数のほうが多い(ただし、チャイルドシートに座れない子供に限る)
● チャイルドシートに座らせたままではできない授乳やおむつ交換を行うとき
● 病気やケガの子供を病院へ運ぶ際、チャイルドシートの使用が健康を妨げる危険性があるとき
● 股関節脱臼や皮膚疾患など身体的な状態により、チャイルドシートの着用が適さない
● 著しい肥満でチャイルドシートのサイズがあわない
● なんらかのトラブルで子供を警察などへ緊急で連れて行くとき
● バスやタクシーなどに乗るとき
● 6歳未満でも身長が140cmを超え、シートベルトの着用でも安全が確保できる

車に乗るときは必ずチャイルドシートを忘れずに

shutterstock_118334788-480x320

チャイルドシートに乗ると動きが制限されてしまうので、乗るのを嫌がる赤ちゃんもいます。赤ちゃんがかわいそうだからとチャイルドシートから降ろしてしまう方もいますが、車での移動中は必要な場合以外は降ろさないでください。チャイルドシートに落ち着いて座ってくれるように、お気に入りのおもちゃを用意するなどの工夫をしましょう。「車に乗るときはここに座るもの」と赤ちゃんに覚えてもらえるまで根気強く対処してあげてくださいね。





































カテゴリー