FAKEOUT magazine

ベビーカーで泣く!嫌がる!原因と対処法、乗せ方のコツは?

ベビーカーで泣く!嫌がる!原因と対処法、乗せ方のコツは?

ベビーカーに乗せるときは、スヤスヤ眠ってくれたら助かりますが、なかには嫌がる赤ちゃんもいますよね。今までおとなしく乗っていたのに、あるとき突然ベビーカーを嫌がりはじめたというケースも。そこで今回は赤ちゃんがベビーカーで泣く・嫌がるときの原因と対処法、そしてベビーカーの乗せ方のコツをまとめました。

赤ちゃんがベビーカーで泣く!嫌がる!原因と対処法

shutterstock_195148733-480x319

月齢や性格によってさまざまですが、赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときは主に以下のような理由が考えられます。

ママの顔が見えない

特に低月齢の赤ちゃんは、前向きに座らせるとママの顔が見えなくなるため不安になり、ぐずってしまいます。常にママの顔が見えるようシートの向きを変えるか、「ここにいるよ~」などと優しく声をかけながら押しましょう。パパやおじいちゃん、おばあちゃんにベビーカーを押してもらって、ママは赤ちゃんから見える位置を歩くようにするのもおすすめです。

シートの角度や座り心地が気に入らない
低月齢の赤ちゃんだと、体に対してシートそのものが大きすぎて、落ち着かない場合があります。体の両わきに丸めたタオルなどを入れてすき間を少なくしてあげるといいでしょう。窒息を避けるため、顔の近くには入れないように。低月齢の時期のままの角度で座らせ続けていると、体の成長とともに少しずつ合わなくなって、居心地が悪くなりぐずることがあります。その場合は背もたれを少し起こしてあげて、見通しを良くしてあげましょう。安全ベルトの長さや位置も、こまめにチェックして調整してあげてください。

シートが冷たい

寒い時期は、暖かい抱っこから冷たいシートへの移行を嫌がる赤ちゃんもいます。おくるみやブランケットですっぽり包んで抱っこし、そのままシートに下ろしてあげるといいでしょう。

退屈
赤ちゃんをベビーカーに乗せっぱなしにして長時間買い物や立ち話をしていると、赤ちゃんは飽きてしまいます。シート内で激しく動いて安全ベルトから抜け出てしまい、ベビーカーから転落する危険もあります。外出が長時間にわたる場合は、こまめに話しかけたりおもちゃを持たせたりしましょう。長時間乗せっぱなしにせず、ときどき抱っこしてあげてくださいね。

だっこ・おんぶの方が好き
とにかくママと密着する抱っこ・おんぶがいい!と、ベビーカーを受け付けない子もいます。あらゆる手を尽くしても嫌がる場合は、重くて大変ですが抱っこ紐で乗り切りましょう。抱っこやおんぶをメインにして、ベビーカーは荷車代わりと割り切りましょう。

嫌がられない!ベビーカーの乗せ方のコツ

shutterstock_183174629-480x340

なかには、どんなときでも乗せようとするや否や、大泣きしてベビーカーを拒否する赤ちゃんもいますよね。そんな赤ちゃんには、まずはベビーカーを好きになってもらう訓練をしましょう。

最初は、10分だけベビーカーに乗せて近所をお散歩しましょう。あくまでも赤ちゃんの喜ぶことだけをするお散歩にしてください。例えば、乗り物が好きな赤ちゃんなら、車や電車が見えるところまで行く。犬が好きな赤ちゃんなら、ペットショップまで、お花が好きな赤ちゃんなら公園やきれいな花壇があるところまで、と赤ちゃんが「楽しい!興味深い!」と思うようなことをしてあげましょう。

慣れたら、15分、20分と徐々に時間を延ばしてあげてみてください。その間は、やさしく話しかけたり、歌を歌ってあげたり、ママも笑顔でいるようにしましょう。

これを続けていくことで、「ベビーカーは安全」「ベビーカーに乗ることは楽しい!」「ベビーカーのお出かけは、ママもうれしそう」と認識してくれるようになるはずです。

ベビーカー以外の移動手段は?

shutterstock_150409379-480x320

どんな手を打ってもベビーカーを好きになってくれない場合は、思い切って子乗せ自転車での移動に切り替えてしまうのもひとつの手です。

メーカーや赤ちゃんの体格・性格にもよりますが、前乗せは1~2歳前後、後ろ乗せはおおむね2歳くらいから乗車可能です。後ろに乗せる場合は、子ども用シートを取り付けることになります。安全のため荷台の最大積載量が25kgか27kgの自転車に取り付けましょう。また必ず子どもの頭のサイズに合ったヘルメットをつけるのを忘れずに。

「前乗せできる月齢には達していないけどどうしても自転車を使いたい」という場合もあるかもしれません。自治体によっては、首が据わっておんぶできる赤ちゃんを、おんぶ紐で背負って乗ることも可能です。まずは、お住まいの自治体の条例を確認してみましょう。ただし、条例で許可されていても、技術面で自信がない場合は絶対に無理しないようにしてくださいね。なお、抱っこ紐を使って前抱っこ状態で自転車に乗るのは法律で禁止されています。

ベビーカーで泣く・嫌がるときは…赤ちゃんに合わせたお出かけスタイルを選ぼう

shutterstock_86740474-480x312

赤ちゃんとのお出かけはうれしい反面、ママにとっては大変なことも多いもの。親子そろって楽しめるよう、移動距離や状況に合わせてベビーカー、抱っこ紐、自転車など、様々な移動手段をうまく使い分けてくださいね。





































カテゴリー