FAKEOUT magazine

「モンスター嫌煙者」?ルールを守ってタバコを吸っても酷い態度。。。

「モンスター嫌煙者」?ルールを守ってタバコを吸っても酷い態度。。。

 

禁煙をする人が増え、喫煙者は肩身が狭い思いをされてる方もいると思います。。

そんな中、タバコを吸う人を嫌う嫌煙者が増え、様々な問題が発生しています。。。

 

「タバコで台無しだ、モーニングの代金を払え!」

愛知県のAさん(20代男性・会社員)はある日の午前中、地元の喫茶店に入った。

この喫茶店はタバコOK。Aさんも一応周りには気を付けつつ、ぷかーっと一服していたのだが……。

「ちょっと、何タバコなんか吸ってるの!」

いきなり怒鳴りつけてきたのは、別の席に座っていた中年女性のグループだ。彼女たちは名物の「モーニング」を食べつつ、だらだら長居しながら会話に花を咲かせていたのだが、どうやらAさんがタバコを吸っていることが許せないらしい。

呼びつけた店員さんの目の前で、さんざんAさんを罵倒した上、

「せっかくのモーニングが台無しよ! ここの代金払ってちょうだい!」

とまで言い出した。幸い、店員さんや周りのお客がとりなしてくれ、彼女たちは怒り心頭になりながらも去って行った。

 

にらみつけられて思わず逃げ出した

駅前の喫煙スペースで一休みしながら煙草を吸っていると、近くを通りがかったこれまた中年女性2人組が、聞こえよがしの大声で、

「煙たいわねー」
「喫煙コーナーを、もっと遠くにしてくれないかしら」

などと言いつつ、Bさんの前に立ち止まり、「まるで犯罪者を見るような目つきで」(Bさん談)にらみつけてきたというのだ。あいにく喫煙コーナーには1人きり、気の弱いBさんはもうタバコどころではなく、

「怖くなり、タバコを消して慌てて立ち去りました……」

 

店員さん、いくら嫌いだからと言って…

別に直岡山県のCさん(30代男性・会社員)が近所のコンビニでタバコを注文したところ、中国人らしい女性店員に露骨に嫌な顔をされたという。

「イラッとしながらも我慢していたんですが、店員はさらにドン!とその場にタバコを置いてレジ打ちを始めたんです。私が思わず『ちょっとさあ』と声を上げると、悪びれることなく『タバコ吸うヤツキライ』と言い返してきました」(Cさん)

さすがに腹が立ったCさんは買うのをやめて店を出ようとしたが、駆けつけてきた店長に謝られ、なんとか怒りを収めたという。もっとも、そのコンビニには二度と行かなかったそうだが。

東京都のDさん(20代男性・会社員)も似たような体験をした。小さなレストランで食事をした後、「灰皿ありますか?」と何気なく尋ねたのだが、とたんに愛想の良かった店主の表情が一変、露骨に嫌~な顔をして使い古しの灰皿を出されたという。

「そこまで嫌なら禁煙と言ってくれよ! 結局、1本だけ吸って店を後にしました」(Dさん)

 

子どものために気を遣うのはわかるが

 

「親戚に娘さんが生まれました。生後3カ月のころ、家族と一緒に出産祝いを持って遊びに行ったのですが……」

というのは、秋田県のEさん(20代女性・会社員)。もちろん親戚宅ではタバコを控えていたのだが、いざ赤ちゃんとご対面――の直前、親戚から、

「タバコの臭いがする。服を着替えてほしい」

もちろん、着替えなど持っているわけがない。すると、「じゃあ赤ちゃんは見せられない」。結局Eさんははるばる出かけながら、赤ちゃんの顔を見ずに帰ったのだとか。

 

無茶苦茶な理屈の妊婦さん

Fさんが彼女に遭遇したのは、大型ショッピングセンターの喫煙室でのことだ。家族の買い物を待ちがてら一服しようと部屋に入ったところ、中には若い夫婦らしい先客が。しかも見ると、女性は妊婦さんである。当人はタバコこそ吸っていないとはいえ、喫煙室に入るのはどうなのか――と思いながらFさんがタバコに火を点けると、つかつか近づいてきた彼女は一言。

「こっちは妊娠しているんだから、タバコ吸うのはやめてくれない?」

そんなこと言ったって、ここは喫煙室だし、一緒にいる男性だってぷかぷか吸ってるじゃないか――と反論したが、それへの返しが凄い。

「連れのタバコの煙は我慢できるけど、あなたのは我慢できないの」

もはや話が通じないと悟ったFさんは、さっさとタバコをもみ消して、喫煙室を後にした。

 

確かにタバコは体に悪く、吸わない人にとっては、匂いなども気になりますが、やり過ぎですね。。

タバコを吸う人も吸わない人も生きやすい世の中が良いですね。

 





































カテゴリー