FAKEOUT magazine

黒石高大スペシャルインタビュー ~格闘技人生から役者人生へ~

time 2016/01/06

黒石高大スペシャルインタビュー ~格闘技人生から役者人生へ~

昨年12/13に行われたTHE OUTSIDERにて引退試合を終えた黒石高大_。引退当日の会場は客席も満員、入場からもの凄い声援と風船が舞い、黒石高大の絶大な人気が垣間見えた。今大会では黒石選手のチケット実売だけでも700枚以上売れたというから驚きだ。そんな彼が格闘技を引退し、次のリングに選んだのは役者の道。試合を終えた彼に今後の活動について聞いてみた。

 

  • 引退後の今後の活動について_

黒)格闘技を引退して練習が無くなった分、芸能にかける時間がもの凄く取れるようになったんで、俺がこれからやろうと思ってるのは「乗馬」と「殺陣(たて)」、「芝居」ですね。この3つに自分の時間を投資したいと思ってますね。それでも時間があるようだったら、映画を撮れるようになりたい。「こういうの撮りたいな」って自分で提案して、人を集めて皆で制作できたら面白いだろうなって。だからといってまあ、監督になりたいわけじゃなくて。出来る人に監督はやってもらいたいし、脚本も別の人にやってもらう(笑)。演出も誰かにお願いします(笑)。演出には口も出したいですけど。一人であれもやってこれもやってって無理だと思うから、その道のプロをいっぱい呼んでいつか作品を作れたらなって思ってます。

AM8V0616

  • アウトサイダーの試合会場で流れたVTRで皆さん初めて知ったと思うんですが、10代の頃から役者の活動を始めていたんですね_

黒)そうなんですよ。19歳の頃からやってましたね。でも、まだ19歳だったしヤンチャもしてたから周りにも恥ずかしくて「役者やりてえんだ!」って言えないじゃないですか(笑)。親友も知らないですよ。ホント、誰にも言ってなかったです(笑)。都内で稽古中に友達から電話かかってきて、今何やってんの?って言われて『今 都内だよ!』って言ったら地元の友達は都内に行かないんで、『すげえな黒石!お前都内で遊んでんのか!』みたいな(笑)。その時は都内で芝居の稽古ばっかりやってましたね。

 

  • ではその時から役者の道を見据えつつ、格闘技にも出場していたんですか?_

黒)いや、実はその時は役者の稽古が凄く嫌だったんですよ。もうホント嫌いで…。つまんないし、稽古も全然面白くないし何でやんなきゃいけねえんだ、みたいに思ってて。その当時は地元帰って遊んでる時しか面白くなくて。そんな時に、アウトサイダーっていう格闘技が始まったから出たって感じですかね。その時は全然その大会自体知らなくて、先輩が出てたから友達に応援に行こうって言われてから初めてアウトサイダーを知って。『いやいや応援じゃなくて俺も出る!』みたいな(笑)。その時は役者からは気持ちがほぼ離れてたんですけど、でも何か途中で中途半端に辞めるの嫌だなってどっかで思ってて。辞めるのは嫌だけど、でも面白くねえし、好きでもねえ…そんな状態の時にたまたまアウトサイダーに出会って、すぐ出るって決めて。

 

  • アウトサイダーの過去のVTRにも、「負けたままじゃ辞められない」っていうインタビューがありましたね_

黒)そうなんですよ(笑)。だからなんか良くない時とか嫌だな~って思ってる時に辞める自分が逃げるみたいで好きじゃないっていうか。辞めるとしたら、好きになった時に辞めるほうがいいですね。嫌だなって思ってる時には辞めたくはない。役者が嫌だった時もそれで辞めなかったんだと思います。

 

  • 結果、格闘技も役者もどんどん黒石さんの生活のメインになっていきましたね_

黒)そうっすよね。格闘技の練習とかも最初嫌いだったんですよね。でもいつの間にか好きになっちゃってて。でも嫌いなことから逃げたくないだけで続けてた結果、格闘技も役者も好きになってたってのはラッキーですよね。役者も好きだからやってるだけなんで。よくあの嫌だった状態からこの状態までもっていけたなって思いますね(笑)。ホント最初嫌いだったんで。

 

  • 黒石さんの嫌いなことから逃げない精神力が人を惹きつけるんでしょうね_

黒)そんな事ないですよ。自分は難しい事を考えるのは苦手だからいつも答えはシンプルなんで。『辞めたくなっても頑張ろう。』以上。みたいな(笑)。ハハハッ!

 

AM8V0661

黒)今年1年は沢山稽古を積まないといけないっすね。時代劇にも挑戦してみたいですし。オファーが来た時から馬や殺陣(たて)を始めてたらもう遅いじゃないですか。自分みたいな特に偉くもなく実力もなく名前もなくなんていったら、大手の売れっ子俳優さんと勝負するためには、『実力』と『出だしの一歩』が必要だと思うんですよ。だからその実力を得るために、今年は自分に投資しようと。

 

  • 最後に読者へメッセージ

黒)自分もただ頑張って走ってる身なんで、そんな偉そうなことは言えないんですけど、自分が本気で一生懸命走ってる時って『何か』が動く気がするんですよね。だから本気になって一生懸命走ってればきっと何か開けると思うから。っていうのを伝えたいですね。今思ったことですけど(笑)。

 

 

 

 

格闘技人生から役者人生へと、自分の人生に区切りをつけて新たな挑戦をし続ける黒石高大。リングを降りた彼が挑む次の戦いに、今後も期待したい_。

 

 

THIRTEENJAPANオフィシャルストア

2ad7eab300ee_7302_12-25-sale

http://thirteen13.jp/

 







































人気記事

Sorry. No data so far.

カレンダー

2017年1月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

RSSRSS