FAKEOUT magazine

子供の咳止めの方法!食事などの民間療法まとめ

子供の咳止めの方法!食事などの民間療法まとめ

風邪のひきはじめや季節の変わり目などは、咳が出やすい時期。子供の咳が止まらず長引くと、心配になってしまいますよね。しかしどう対処したら良いのか分からず、困っているママやパパも多いのではないでしょうか。そこで今回は子供が咳をしたときの対処法や、家庭でできる咳止めの方法などをご紹介します。

なんで咳が出るの?子供の咳が長引くのはなぜ?

26e6870b7483b3f1759ee30f02609d4a_1450183597-480x320

のどの奥から肺につながる気道に、ウイルスやほこり、花粉などの異物が外部から侵入してきた場合に、その異物を外に出そうとして反射的に咳が出ます。また、風邪をひくと咳が出やすくなるのは、体内にあるウイルスや細菌を粘液とともに体外に排出しようとするためです。咳は、体内にある有害な物質を排除しようとする、大切な防衛機能の一つなのです。

咳の原因が風邪であろうと、ほこりであろうと子供が咳をし始めると長引く傾向があります。それは、大人に比べ子供の抵抗力が弱いため、気道が炎症を起こしやすく、敏感な状態が続くためだといわれています。

子供の咳を止めてあげたい!効果的な治療法は?

3450ecdcb2d36afcc1b23260f45a5c60-480x287

咳が出るからといって無理に止めようとすると、有害物質を排出できず、本質的な対処にはなりません。子供が咳を出すときには、痰の切れが悪い、鼻水が出る、喘息持ちであるなど、何らかの原因があります。痰が絡んで咳き込む場合には痰を出しやすくする、鼻水が原因で咳が出るようであれば鼻水を溜まりにくくする、喘息が原因であれば喘息の薬で症状を緩和させる…。というように、咳そのものを止めるのではなく、咳の原因を改善する治療を行うことが重要です。

家庭でできる!子供の咳止めの方法

shutterstock_128327429-480x327

咳の原因を改善する治療を試みるとしても、一度咳をし始めたらなかなか治まらないもの。子供が咳をして辛そうにしていると、少しでも楽に、早く鎮めてあげたいと思うのが親心。それでは、どのような方法で対処すれば良いのでしょうか。ここでは薬に頼らず家庭でできる、咳止めの方法をご紹介します。

部屋の湿度を上げる

気管支には絨毛というものがあり、異物が触れると押し上げようとして咳が出ます。部屋が乾燥した状態だと、目に見えないちりやほこりが多く飛散し絨毛を刺激することから、咳が悪化する恐れがあります。濡れたタオルを干しておく、加湿器を使うなど、部屋の湿度を40~70%に保つようにしましょう。

ホコリを防ぐ

ホコリが気道に入ることで咳が出やすくなります。こまめに掃除をする、空気清浄機を利用するなど工夫して、できる限りホコリの発生を抑えましょう。

マスクを使う

マスクをつけることで、外からの細菌の侵入を防ぎ、喉を保湿することができます。

水分(温かい飲み物)を摂る

水分をしっかり摂ることで、乾燥を避けることができます。特に温かい飲み物がおすすめです。ゆっくりと飲むことで蒸気によって気管が拡張されるため、咳が出にくくなります。冷たい飲み物や炭酸飲料を飲むと、気管が刺激されてしまうので気をつけましょう。また痰がのどに絡んでいる場合には、水分によって絡みが改善することもあります。

食事を工夫する

● はちみつ
はちみつには強い抗菌作用があり、特に呼吸器系の細菌増殖を抑制する働きがあるといわれています。はちみつをそのまま舐める、スプーン一杯程度のはちみつをぬるま湯に溶かして飲むという方法もおすすめです。ただし、はちみつの中にはボツリヌス菌が混入していることがあります。1歳未満の乳幼児が摂取すると死に至る恐れがあるため、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えないようにしましょう。

● 大根
大根に含まれる酵素には消炎作用があり、喉の痛みや炎症に効くといわれています。喉の痛みが原因で咳が止まらないときには、大根をすりおろしたものや、はちみつと大根を合わせたシロップを飲むと効果的です。

● パイナップル
パイナップルに含まれる「ブロメライン」という成分には、喉の腫れや痛みを和らげて痰を出しやすくする効果があるといわれています。ブロメラインは熱に弱いので、生のまま食べるか非加熱処理された100%ジュースを飲みましょう。

● 玉ねぎ
玉ねぎに含まれる「硫化アリル」には、自律神経や脳神経を鎮める効果があり、咳を鎮静化させたいときにも有効といわれています。生の玉ねぎを食べるほか、夜に咳き込むようなら、スライスした玉ねぎを枕元に置いておくと、咳を鎮めてくれる場合もあるようです。

子供の咳止めには、早めの対策を!

b8872b04f4810ab5b9e636594960ec1a_1450966368-480x320

咳はウイルスや細菌を体外に排出する体の自然な反応なので、咳を止めることよりも咳が出ないように予防することが大切です。日頃から部屋の湿度やホコリなどに注意して、子供の咳が出にくいような環境を作ってあげましょう。咳が出はじめたら十分に休養を取り、早めの対策を心がけたいですね。





































カテゴリー