FAKEOUT magazine

「すしざんまい」社長。海外の海賊被害をゼロに。海上自衛隊員も護衛に活躍。

「すしざんまい」社長。海外の海賊被害をゼロに。海上自衛隊員も護衛に活躍。

みなさんは、ソマリアの海賊問題をご存じでしょうか?

機関銃やロケット・ランチャーなどで武装した海賊達が横行し、民間船舶の運航は特に危険をともなうとされている海域で、様々な被害がありました。

しかし、この問題解決に大きく貢献した方がいます。

なんと人気寿司店「すしざんまい」の社長、木村清さんです!

31295185

見ればわかる方も多いはず!!

以下インタビュー内容です。

――「『すしざんまい』の社長が、アフリカのソマリアで、元海賊とマグロ漁をやっている……と話題になったことがありましたね。

木村:今でもやってますよ。ソマリアの沖というのは、キハダマグロのいい漁場なんです。ところが海賊が出るようになり、危なくてマグロを獲りに行けなくなってしまったんです。しかし、聞いてみると誰も海賊とは話していないという。おかしいじゃないですか。海賊といったって相手は人間なんですから。それでさっそく、伝手を頼ってソマリアの海賊たちに会いに行きました。そこでわかったことは、彼らだってなにも好き好んで海賊をやっているわけじゃないということです。だったらこの海で、マグロを獲ればいいじゃないか。自分で稼いだ金で家族を養うという、誇りを持った人生にしなくちゃいかん――と、彼らと話し合ったんです。

――ソマリアの人たちは、内戦で国を失い、無法地帯となった彼らの海が荒らされたため、海賊になったと主張しているそうですが、自力では対抗できなかったのでしょうか……?

木村:口で言うのは簡単ですが……、まず彼らは、マグロ漁の技術をもっていないし、船もありません。マグロを獲ってもそれを入れておく冷凍倉庫が使えなくなっている。獲ったマグロは売らなければなりませんが、そのルートをもっていない。IOTC(インド洋まぐろ類委員会)に加盟していないから、輸出ができなかったんです。じゃあ、仕方がない。うちの船を4隻もっていった。漁の技術も教えましょう。冷凍倉庫も使えるようにする。ソマリア政府にはたらきかけてIOTCにも加盟する。獲ったマグロをうちが買えば、販売ルートも確保できる。こうやって一緒になってマグロ漁で生活ができるようにしていったんです。

――そこまでして、事業として採算はとれるんですか。

木村:んー。まあ、正直言って今のところまだ採算はとれていませんね。しかし、将来的にはきちんと利益が出る目論見はたっていますよ。それに商売というのは、目の前の利益、儲けのことを第一に考えていたんではうまくいかないものなんです。まず考えなくてはならないのは、どうやったら喜んでもらえるか、何を求められているかということ。それに応える算段をするのが「商売」なのではないですか。

こちらから引用

なんかもう、すごいですね。

また、木村社長のほか、以前から海上自衛隊がソマリア沖で通りがかる民間船舶の護衛を行っています。

どちらの力もあり、国際的な大きな問題を解決に導いていくのは、とても尊敬できます。

 

 





































カテゴリー